出走結果

【出走結果】「レッドシュヴェルト」トモの甘さを露呈!

皆様こんにちは!東京サラブレッドクラブの出資馬レッドシュヴェルトが出走しました。除外の影響を感じさせない走りでしたが、課題も露呈しました👀

レッドシュヴェルト(2歳牡・東京サラブレッドクラブ)

レース概要

出走日12月25日(日)
競馬場(発走時刻)中山6R(12:25)
レース名2歳新馬
コース(頭数)芝1,600m(16頭)
騎手M.デムーロ
着順2着(2番人気)

クラブ公式コメント・12/25

12月25日レース後コメント(2着)
尾関調教師「パドックや装鞍所でも落ち着いて対応してくれましたし、馬体に少し余裕はあったかもしれませんが、新馬戦としては太い作りではなかったと思います。まだトモに甘いところがあり、ゲートをスッと出られずポジションは後ろから。それでも向こう正面に入って右手前に替わってからは走りも良くなったようで、スピードにも乗ることができていました。一旦ペースが落ちた3コーナー手前で外から被せて行く形。反応も良く、いい感じで4コーナーを回ってきました。最後も頑張ってくれて、直線では後ろを離しているんですけどね。前を行く勝ち馬が今日は一枚上でした。出負けして前半の立ち位置が後ろになったこと、それと外を回した分がなければ、もう少し際どい勝負に持ち込めたかなとも思いますが、初戦の内容としては悪いものではありませんでした。距離についても現状ではマイルくらいが合っているようです。お父さんのレッドファルクスも2着だったデビュー戦から立派に成長してくれましたからね。偉大なお父さんに近づけるように頑張ってもらいましょう。まずは上がりの状態を見ながら、権利内で使うのか、ひと息入れるのかを決めさせてもらいます」

トモの甘さを露呈

レースは、スタートで行き脚がつかずに最後方を進みます。残り1,000m付近から徐々に上位に進出し、4コーナーで4番手まで押し上げて2着入線しました。

トモの甘さがありましたね。スタートの後手が最後まで響かないか心配しましたが、それは響きますよね。後方から追い上げるために脚を使ったことや外々を回った分遅れました。ポイントとみていたゴチャつかないところでレースを進められるかどうかは位置取りの影響もあり関係ありませんでしたね。

この競馬で2着は上出来といえます。今回は、勝ち馬も強かったですね。ただ3着以下とは大きく差をつけましたので、トモのケアを含め成長を促していけばそう遠くないところで勝ち上がるチャンスは十分あるでしょう✨🏇✨

※東京サラブレッドクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

関連記事・サイト

【出走決定】「レッドシュヴェルト」父の代表産駒に向けて待望のデビュー! 皆様こんにちは!東京サラブレッドクラブの出資馬レッドシュヴェルトが先週の除外を経て出走できることになりました。除外の影響を感じさ...
【各馬紹介】レッドシュヴェルト(東京サラブレッドクラブ)2021年度募集・愛馬(出資馬)の紹介です。応援いただけると嬉しいです😊 競走馬名 競走馬名 レッドシュヴェルト(牡)...

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

歴代重賞勝ち出資馬(2022年9月8日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①優駿スプリント(2022年・大井・S2)
②アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

引退(戦績:33戦10勝)

勝利重賞
①兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
②さきたま杯(2019年・浦和・G2)