近況

【近況】シルクホースクラブ「アンティーゾ」いよいよ天栄移動へ!ほか22頭!

皆様こんにちは!シルクホースクラブの出資馬の近況が更新されましたので、早速見ていきましょう👀


競馬関連のブログ開設に興味のある方必見!
独自ドメインの取得なら1円〜の【お名前.com】

近況

4歳馬

アヴェラーレ(牝)

クラブ公式HP・11/2付

調教タイム
助 手 11/2(水)南W良 83.5- 67.3- 52.8- 38.4- 11.8 馬なり余力

近況
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:2日に南Wコースで時計
次走予定:11月19日の東京・秋色ステークス〔C.ルメール〕

木村哲也調教師「先週末から早速時計を出し始めています。坂路コースで55-40のタイムで駆け上がってきましたが、前走時から比べると幾らかテンションが高いですね。ですから、2日の追い切りも南Wコースで単走を選択しており、折り合い重視の調教内容となりました。ただ、動きに関してはフットワークが軽快で脚取りもしっかりとしていますし、騎乗したスタッフによると、『乗り味は相変わらず良い』と褒めていたので、コンディション的には心配要らないと思います。あと2週ありますので、もう少し心身の状態を上向かせていきながら進めていきたいですね。なお、鞍上はルメール騎手に依頼しています」

ノックオンウッド(牡)

クラブ公式HP・11/4付

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン13~17秒、トレッドミル
次走予定:未定

調教主任「この中間はより負荷を強め、週3回坂路でハロン13秒のペースで登坂しています。依然硬さはあるものの、ペースアップ後も良い意味で状態は変わりありません。左トモ飛節の状態も落ち着いていますから、この調子で乗り進めていきたいと思います。馬体重は533kgです」

3歳馬

インディゴブラック(牡)

クラブ公式HP・11/2付+11/4追記

[11/2付]
近況
在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

奥村豊調教師「レースでは、トレセンと同じ雰囲気で臨めればと考えていたものの、返し馬ではその気になってしまいましたし、レースでは揉まれず先行出来ても、脚を溜めるほどの余裕がありませんでした。ジョッキーの話にもあったように、距離をもう少し短くするなど条件を変えてみるのも手だと思いますが、現状は間隔を空けて心身ともに成長を促しながら競馬を経験させていく方が良いでしょう。レース後も脚元含めて気になるところはありませんでしたが、この後は一旦牧場へ戻させていただく予定です」

[11/4追記]
最新情報
5日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。

2歳馬

アンティーゾ(牡)

クラブ公式HP・11/付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンター1~2本、週1回トレッドミルでキャンター、残りの日は軽めの運動

担当者「この中間も坂路主体で乗り込みを行っています。まだ体を少し持て余してしまいますが、自分から走ろうとする気持ちを持っていますし、順調に乗り込みを重ねることが出来ています。今のところ今月中にもノーザンファーム天栄へ移動させようと考えていますので、更なる良化を図りつつ、馬の様子を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は536kgです」

アースコンチェルト(牡)

クラブ公式HP・11/4付

近況
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄/5日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動予定
調教内容:

空港担当者「この中間は坂路コースにて14-14ペースで動かしていました。力強さがあって良い走りをすることが出来ていましたし、こちらでは喉の状態も特に気になりませんでした。送り出すまでに少し時間が掛かってしまったものの、ポテンシャルはかなり高そうですから、実戦でどのような動きを見せてくれるか楽しみです。出発時の馬体重は548kgでした」

最新情報
4日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、5日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。

セラドナイト(牝)

クラブ公式HP・11/4付

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「今週から週3回とも坂路コースのペースをハロン14秒まで上げています。負荷を強めながらも馬体重が増えているように、馬体の方は順調に良化してきています。ペースアップ後も悪くない手応えで登坂できていますし、この調子で乗り進めていきたいですね。馬体重は445kgです」

フェザーモチーフ(牡)

クラブ公式HP・11/4付

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回周回コースで5ハロン15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「今週は周回コースでのペースを上げ、週2回はハロン15秒で乗り進めるようにしています。もう少し馬体には余裕があっても良い印象ですが、毛艶は悪くなく体調面に問題はありません。脚元の状態を見つつ、さらなるペースアップを図っていければと考えています。馬体重は467kgです」

ボールドゾーン(牡)

クラブ公式HP・11/4付

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定

天栄担当者「今週から周回コースでの乗り運動へと移行しています。今のところ、乗り出し開始後も右トモの歩様には良い意味で変わりありません。少し運動量は落ちてしまっているので元気はあるものの、変に入れ込んでしまうようなところはありません。馬体重は518kgです」

マンスール(牡)

クラブ公式HP・11/2付+11/3追記

[11/2付]
最新情報
1日(火)に美浦トレセンへ帰厩しています。

近況
在厩場所:1日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

栗田徹調教師「1日の検疫でこちらへ帰厩させていただきました。馬体に問題無かったことを確認しまして、今朝から乗り出しを開始しています。すぐにゲート試験に受かってくれたように物覚えの良い馬ではあるものの、進めていくとトモに疲れが出た経緯がありますし、その辺りにはくれぐれも気を付けて進めていきたいと思います。具体的なデビュー予定は速いところを行っていきながら決めていきます」

[11/3追記]
調教タイム
助 手 11/3(木)南W良 86.5- 70.3- 55.6- 40.4- 12.3[8]馬なり余力

1歳馬

アトミカオロの21(牝)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「先月お伝えした皮膚病についてですが、この中間はやや酷くなってきているような感じでしたし、10月中旬までは騎乗運動は行わずにトレッドミルとウォーキングマシンでの運動で様子を見てきました。楽をさせたことで段々と良くなってきたことから、下旬より周回コースにて乗り出しを再開しましたが、ブランクの影響は無くてフレッシュさがありますし、順調に立ち上げられています。この産駒らしい気性面の難しさを持っているものの、今のところコントロールは利いており、大きなストライドを存分に活かした走りをしていきたいですね。トモの踏み込みも力強いですし、鍛えていけばこの先はかなり楽しみです。休んでいた分、体力はまだまだ物足りませんが、飼い葉食いは良好ですので健康状態は心配要りません」馬体重526kg

アガルタの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間からロンギ場での運動を終え、坂路コースでの乗り運動を開始しており、現在は週3回ハロン18秒ペースで登坂しています。その他の日はウォーキングマシンにて調整しています。乗り始めたばかりですから、全体的に筋力が弱く頼りない印象を受けましたが、今後のトレーニングで筋力が付いてくれば、自然と走りの質は高まってくれることでしょう。精神的には人や他馬に頼ろうとする幼い面が残るため、引き続き自立心を促しながら接しています。体調面に関しては引き続き飼い葉食いも良好ですし、馬房内では穏やかに過ごせていますので、大きな馬体減りをするタイプでは無さそうです。現時点で脚元を含めて気になるところはありませんから、負荷を高めていける状態にありますが、今後も馬の様子に注意しながら心身共に成長を促していきたいと思います」馬体重451kg

イストワールファムの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「10月に入ってからは各コースのスクーリング、トレッドミルの馴致などを行ってきましたが、10月中旬からは周回コースと坂路コースで騎乗運動を開始しており、ここまでスムーズに予定通り進めることが出来ていますよ。先月もお伝えした通り、少し臆病な面があり、集団の先頭に立つとやや不安なところがありますが、走り出せば前向きですしバランス良く真っ直ぐに走ってくれるので、調教では乗りやすく感じています。まだ体の使い方やスピードのコントロール等、いくつか改善点はあるものの、まだまだ成長途上ですから、少しずつ修正しつつ成長を促していければと思います。飼い葉はしっかり食べていますし、体調面や脚元など現状で心配なところはありません」馬体重446kg

イルーシヴグレイスの21(牝)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間は順調に初期馴致を終えて、現在はロンギ場での騎乗運動を行っています。移動してきて数週間は少し敏感でテンションが上がりやすいところがあり、馴致に時間をかけて進めていきましたが、徐々に環境の変化にも慣れてくれましたし、丁寧に対処していった分、精神面はとても安定してきているように感じます。馬体面については、小柄ながらも本馬なりに体に張りが出てきていますが、まだまだ物足りないので継続して筋力を付けていきたいと思います。ロンギ場での動きについては、軽い走りをして跳びが綺麗なタイプですよ。走ることに対して真面目ですし、人が跨っても前向きな気持ちに変わりはなく進めていけているので、コースでの運動にもスムーズに移行することが出来そうです。やや気が入り過ぎるところがありますから、今後はメンタル面に注意して進めていくと共に、飼い葉食いが少し弱いので、工夫しながら成長を促していきたいと思います」馬体重424kg

ガルデルスリールの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「先月にリフレッシュ期間を取り入れたことによって、馬体が成長しただけではなく精神面もどっしりとして、心身共にフレッシュさが窺えます。この中間はロンギ場での運動を経て、周回コース・坂路コースでの調教を開始しており、現在は週4回坂路をハロン17~18秒ペースで登坂しています。神経質で我の強い一面を持っていますが、良い方に向けば競走馬にとってはプラスになりますから、気持ちと走りのコントロールを大切に調整していきます。緩さがある中でも全身を使って坂路を駆け上がる姿はどの馬にも引けを取らないほど力強いですから、この馬の良いところを伸ばしていきたいと思います」馬体重508kg

カーミングエフェクトの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間も順調に乗り運動を継続しています。現在は週5日角馬場で体を解した後、坂路1本をハロン17~18秒ペースで登坂しています。また坂路だけでなく週1回はトレッドミルでダクを行い、脚元等に負荷が強まり過ぎないよう調整しています。大型馬ですし乗り出して間もないので、筋力がまだ付いてきていませんから、動きに緩慢さや硬さはあるものの、そのような状態でもとても力強いキャンターをしますよ。そこまで乗り込んでいないので仕方のない面はあるのですが、速いペースだと焦った走りになり前後のバランスを崩してしまうことがありますね。ですが、ここ最近は体力が付いてきて、手綱を抱えたままで我慢して走れる余裕が出てきました。こちらに入場してきた時の余裕ある馬体には徐々に張りが出てきていますし、体調も良好で調教を積んでいける状態にあります。今後は無理にペースを速めるよりもじっくりと我慢することを教えていきながら、筋力・体力を鍛えていくつもりです」馬体重550kg

クッカーニャの21(牝)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「10月に入ってからは坂路調教を開始しており、現在は週3回ハロン17~18秒ほどのペースで登坂しています。それ以外の日には引き続き周回コースで調教を行っており、1,800mほどの距離を軽いキャンターで乗り込んでいます。周回コースではまだハミにモタレがちで走り辛そうですが、坂路コースに入るとしっかり走れていますし、感触は悪くないですよ。坂路調教を始めて全体的な運動量が増えていますので、馬体はだいぶ締まってきましたし、筋肉の付きも上々です。気性面は基本的に大人しいですが、まだ幼いところも残っていて、テンションが上がりやすい面もありますので、気を付けて接していきます。今後は坂路調教のペースを徐々に上げていきたいと思います」馬体457kg

チリーシルバーの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:10月24日に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

Yearling担当者「調教厩舎への移動の準備が整いましたので、10月24日に送り出しました。それまでは7時間の日中放牧に加え、ウォーキングマシンやトレッドミル等の運動も行っていました。厩舎に1歳馬が少なくなっていたため、安全性の観点から夜間放牧から日中放牧に切り替えて、その分を補うべく機械での運動も取り入れていました。馬体から幼さが徐々に消えてきて、トモに張りも出てより逞しくなっていましたね。性格は素直で賢く理解力が高いですし、精神的にも安定していましたので、移動後も順調に進めていけるでしょう」馬体重478kg

ツルマルワンピースの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間は坂路調教を隔日で行っており、ハロン17~18秒ペースで進めています。まだ体全体を使えているわけではありませんが、それでもしっかりと走ることが出来ていますし、大きな馬体を感じさせないほど軽快なフットワークを見せています。正直、このペースでは物足り無いような表情をしているものの、脚元のことがありますので、今は無理せず我慢してもらい、徐々に負荷を高めていきたいですね。また、この馬の場合はこれ以上馬体を大きくさせたくないことから、飼い葉の量を調整しているのですが、馬体がパンとしている感じこそないものの、薄っすらあばらが出ているくらいの丁度良い塩梅で進められていると思います。今後も馬の状態を見ながら慎重にペースアップを図っていく方針です」馬体重550kg

ディープストーリーの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

在厩場所:10月7日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

担当者「先月上旬に移動してきましたが、こちらの環境にもすぐに慣れて、現在は順調にロンギ場での馴致を進めることが出来ています。動きを見ると、身のこなしに柔らかさがありますね。性格面では多少の敏感さはまだありますが、移動してきた当初と比べても良化していますし、基本的には扱いやすく、この感じであれば前向きに今後の調教にも取り組んでくれそうです。脚元や体調面に問題はなく、飼い葉食いも良好です。この調子で坂路・周回コースでの乗り出しに備えて、基礎体力を養いつつ、心身共に成長を促していきたいと思います」馬体重471kg

プリティカリーナの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:10月4日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

担当者「先月上旬にこちらへ入場しましたが、環境の変化に戸惑うようなことはなく、飼い葉食い含めてコンディションは良好でしたので、ロンギ場での運動を経て、周回・坂路コースでの調教を開始しています。現在は周回で週1回2,500mのキャンターを行い、坂路では週2回ハロン18~19秒ペースで登坂していますが、トモの甘さに加えて体力不足等の課題はあるものの、この馬なりにバランスは良いですよ。コースで乗り出した後も飼い葉をよく食べてコンディションは良好です。基本的には扱いやすく、この感じであれば今後も前向きに調教に取り組むことが出来るでしょうから、乗り込みを進めながら基礎体力向上に努めていきたいと思います」馬体重427kg

レディホークフィールドの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「こちらに移動してきてからはロンギ場でのメニューを経て、坂路コースでの調教を開始しています。現在は週2回坂路でのハッキングと角馬場、週1回角馬場、週3回ロンギ場でのメニューを行っています。ロンギ場で動かし始めた頃は多少モタつくところもありましたが、徐々に環境にも慣れて、リラックスして動けるようになってきました。まだハミ受けが安定しない等の課題はあるものの、徐々に良くなってくると思います。精神面では少しテンションが上がりやすい部分が見られますので、気を付けながら進めています。今後についても心身の状態を上手く整えつつ、調教を進めていきながら、成長を促していきたいと思います」馬体重440kg

ロッテンマイヤーの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間は坂路主体で進めているのですが、ハロン17秒ペースに入っています。調教には問題なく付いてこられていますが、普段から前進気勢があって前バランスになりやすいですし、適度にリフレッシュを挟みながら進めています。そうは言っても、常歩の段階でしっかりとトモを使わせてあげるとあまり気にならないので、引き続き後ろを使わせることに重きを置いて調整していきたいと思います。また、馬体は先月よりもパーツの一つひとつが発達してきたことで、メリハリが付いてきましたから、見映えも随分と良くなりましたね。ここまでの調教の進み具合や馬体を見ると、これからさらに成長してくるでしょうし、無理しない程度で坂路や周回コース、そしてトレッドミルで動かしていきます」馬体重496kg

ヴァイスハイトの21(牡)

クラブ公式HP・11/1付

在厩場所:10月4日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

担当者「先月上旬にこちらへ移動してきてから馬体重がやや減りましたが、現在は環境に慣れて飼い葉をしっかり食べており、馬体重は今後増加していくものと考えています。現在は騎乗運動に向けてロンギ場にて背慣らしを行っています。物音にとても敏感で、リアクションが大きいタイプですので、慎重に進めています。馬体は冬毛が伸びてきており、見映えはしないものの、体調面は良好で飼い葉もしっかりと食べていますよ。洗い場での馴致をした際、最初はかなり怖がっていましたがすぐに慣れて、現在は落ち着いて洗い場を使えているので、物覚えは早いタイプだと思います。馬体はやや小さく精神面も繊細なタイプのようですから、急に心身共に負荷を高めるよりも、丁寧に進めていった方が結果的に早く上昇気流に乗ってくれると思いますので、今後も馬の様子を見ながら進めていくつもりです」馬体重431kg

まとめ

「アンティーゾ」いよいよ天栄移動へ

待ちに待っていました。乗り込み続けたこともあり馬体重も530kg台に絞ってきました。同クラブの同世代の中ではデビューが遅れていますが、ここで焦らずに天栄でも乗り込んでどんなに遅くても新馬期間内でのデビューにはごぎつけたいところでしょう✨🏇✨

その他のトピックスは、「アースコンチェルト」はコメントから期待の大きさがうかがえます。ノドの手術する前からポテンシャルの高さを感じさせていたので、このままとん挫することなく一気にデビューまでもっていきたいところですね😋

1歳馬14頭のうち5頭が坂路でペースを決めて登坂しています。この時期ですので、おおきなトピックスはありませんが、来年のデビューに向けて着実にステップアップしていただきましょう👍

※シルクホースクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

歴代重賞勝ち出資馬(2022年9月8日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
➀優駿スプリント(2022年・大井・S2)
➁アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
➀ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

引退(戦績:33戦10勝)

勝利重賞
➀兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
⓶さきたま杯(2019年・浦和・G2)