出走結果

【出走結果】「イーベンホルツ」1600mはこれで最後!

皆様こんにちは!今回は全日本2歳優駿開催でにぎわう川崎競馬場に出資者・クラブ会員の皆様と現地で応援してきました。とても寒い中でしたが、みんなでの応援すると一口馬主をやっていてよかったと感じます👍

さて、社台サラブレッドクラブのイーベンホルツが連勝・昇級をかけて出走しましたので、早速見ていきましょう👀


欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

イーベンホルツ(5歳騙・社台サラブレッドクラブ)

【PHOTO:22/6/13 川崎競馬場(パドック)】

レース概要

出走日12月14日(水)
競馬場(発走時刻)川崎8R(18:20)
レース名TCC 馬のみらいアクション記念(C1一二三)
コース(頭数)ダ1,600m(10頭)
騎手古岡 勇樹
着順7着(3番人気)

クラブ公式コメント・12/14付

小向調教場
12月14日(水)川崎8R・C1(一)(二)(三)組・距離1600m戦へ55kg古岡騎手で出走しました。馬体重はマイナス1kgの491kg、馬体の張り艶、バランスとも良く前走時とほぼ同じ気配でした。単勝は7.3倍の3番人気。レースでは五分のスタートから、出ムチを入れて先行しました。道中は2番手の外目を手応え良く追走し、勝負どころの3コーナー過ぎから追っていきましたが、4コーナー手前で後続が押し寄せると抵抗できず、直線で脚色が一杯となってしまい勝ち馬から3秒4差の1分49秒2の7着に敗れています。
古岡騎手からは「状態は凄く良くなっていますが、距離が長いです。今日は3、4コーナーで惚けている感じではなく、手応えがなかったです。1600mだとハミを噛みすぎてしまうので、強引にハナを主張していたら掛かっていたでしょう。1400mがベストで1500mがぎりぎりです」と、
内田調教師からは「カルナックと同じクラスになってしまったため、状態がいい時に1600mを試してみました。長かったので、もう1600mは使いません。すみませんでした。次は1月1日からの川崎開催の1400m戦を予定しています」とのコメントがありました。

1600mはこれで最後

レース内容は、上記コメントの通りです。

ペースが速くなり本馬を含む先行勢が崩れたとはいえ、4コーナー手前ではすでに厳しかったですね。負けたことは悔しいですが、今回の結果を受けて今後は1,400mを中心に使っていくことが明確になったのでよかったでしょう😊

2023年も新年早々の出走を予定していますので、1,400mでの活躍を期待しましょう✨🏇✨

※社台サラブレッドクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

関連記事・サイト・動画

【解説】「川崎競馬場」の基本(コース形態やおすすめスポット・指定席もご紹介!)皆様こんにちは!今回は、川崎競馬場のコースを解説します。地方馬主として施設を見て回って感じたことや一口馬主や馬券購入で培った経験を基に勝...
川崎競馬ダイジェスト

動画内14:02から第8レース・イーベンホルツが登場

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

歴代重賞勝ち出資馬(2022年9月8日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①優駿スプリント(2022年・大井・S2)
②アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

引退(戦績:33戦10勝)

勝利重賞
①兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
②さきたま杯(2019年・浦和・G2)