近況

【近況】「エルズリー」お疲れ様でした!ほか5頭+「2022年募集」第二次募集馬ラインアップ発表!

皆様こんにちは!ノルマンディーオーナーズクラブ出資馬の近況が更新されました。エルズリーが引退。ここまでよく駆け抜けてくれました。感謝!!


欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

近況(ノルマンディーオーナーズクラブ)

6歳馬

エルズリー(牝)

クラブ公式HP・12/23付

在厩先:引退
馬体重:-
★12/21(水)船橋・ベストウィッシュスプリント A2B1選抜馬(ダ1200m)矢野貴之騎手 結果4着

これまでの戦歴および現状を踏まえ、管理する川島正一調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、近日中に地方競馬競馬登録を抹消し、匿名組合契約を終了することといたしました。
今後はオカダスタッドにて繁殖牝馬となる予定です。

「今回のレースで快勝していれば、その勢いのまま来年10回船橋開催(1/16~)での一戦も想定されましたが、2番人気だった勝ち馬に完敗の形。スムーズさを欠いたとはいえ、いまひとつ最後の直線での伸び、踏ん張りがみられませんでした。少し状態も落ちていたかもしれませんし、明け7歳という年齢も影響しているのかもしれませんね。季節柄、馬場コンディションが悪くなる日も多く、余力が残っていて健康であるうちに次のステージに無事送り出してあげることが自厩舎としての最大の責務だと思っていました。4勝目に貢献できたことは喜ばしい限りで、短期間の預託となりましたが、ありがとうございました」(川島正一調教師)

4歳馬

プリュムドール(牝)

クラブ公式HP・12/23付

在厩先:チャンピオンヒルズ
馬体重:487kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで2000m、坂路コースを1本(17秒ペース)のメニューで調整中です。乗り込みを重ねていたのですが、右前脚に張りが出てきたことから獣医師に診てもらったところ、腱鞘炎と診断されています。レース後に厩舎でも出たようですが、まだ軽い疲れがあるよう。歩様は問題ありません。いつも出ているトモの硬さなどはありませんし、様子を見ながら進めていきます」(担当者)

3歳馬

カルヴァドス(牝)

クラブ公式HP・12/23付

在厩先:川崎競馬場小向厩舎地区
馬体重:-
「レース後も特に気になるところはないため、次の11回川崎開催(1/01~)に向けて調整を進めています。前回同様、中2週程度での出走になりますし、速いところを軽く1本済ませば出走態勢は整いそうですね。ここ2戦の内容からも展開が向けばチャンスは十分あると見ているので、いい形で新年のスタートを切れればと考えています」(内田勝義調教師)

グロリアスヒーロー(牡)

クラブ公式HP・12/23付

在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:513kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。追い切り本数をこなしながら背腰もしっかりしてきたようで、段々とフォームも良くなってきました。馬体面はまだ緩さを残しつつも毛ヅヤが良く、体調面はとても良好そうです。この後は終い重点にもう少しペースを上げた追い切りも進める予定ですが、それをこなしていくなかでもっと張りも出て、見映えする体つきに変わってくるのではないかと思います。

2歳馬

スパーキングブルー(牡)

クラブ公式HP・12/23付

在厩先:宇治田原優駿ステーブル
馬体重:-
★12/17(土)阪神・2歳未勝利(ダ1800m・混)国分恭介騎手 結果11着
この後はトレセン近郊の宇治田原優駿ステーブルで調整することになり、20日(火)に移動しました。

「着順だけを見ると厳しい感じがしますが、レース内容には見るべきところはあったと思いますし、今後はこの路線でレース経験を積ませていくつもり。レース後も大きな疲れは感じさせませんが、帰厩後は短いスパンで3走させましたし、ここで一息入れてあげることにします。8月にデビューしてここまで6戦を消化したように、タフさはこの馬の武器ですし、思っていたより良化は遅いものの使いつつ上向いてきそうなので、状態を見てまた今後のことを考えていくつもりです」(牧田和弥調教師)

ヴェルミセル(牝)

クラブ公式HP・12/23付

在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
吉澤ステーブルWESTで調整され、昨日22日(木)に栗東・吉村圭司厩舎に入厩しました。

「昨日こちらに入ってきましたが、今のところ落ち着いていますし変な癖なども見せていません。環境の変化にも戸惑うことなく飼い葉をしっかり食べていますし、何も注文を付けるところはありません。とは言っても2歳の牝馬ですし、今週いっぱいはしっかりいろいろなものを見せたりして、来週からゲート練習を始めようと思っています」(吉村圭司調教師)

まとめ

お疲れ様でした

前走はかかって外々を回って距離がもたなかった「エルズリー」。中央2勝クラスの勝ちっぷりもあり現役続行、その後船橋に転籍して船橋記念など短距離戦線での活躍を目指してきましたが、このタイミングで引退することが決まりました。

中央・地方ともに1,000m以下の番組が充実しているとはいえず本馬にとってはなかなか難しい競走馬生活を強いられました。そんな中でも中央3勝クラス・地方A2クラスまで上り詰めたことはお見事でした。ありがとうございます。

川島先生もおっしゃられているように、健康で次のステージに向かえることはとてもいいですね。岡田スタッドでよき母となってください。お疲れ様でした✨🏇✨

その他のトピックスは、重賞出走を目指す「プリュムドール」が移動早々腱鞘炎。レース後にも出たようですが、悪化すると長期離脱もあり得ますのでとても心配です。ダイヤモンドステークスありきではないので、無理することなくじっくりと構えていきましょう🙏

「ヴェルミセル」が予定通り入厩。大きな問題もなく過ごせているようですので、スムーズにゲート試験準備へ移行していけそうです。このタイミングで入厩できたということで2月の新馬戦が目標になるでしょう😁

第二次募集馬ラインアップ

募集頭数19頭(牡9頭・牝10頭)・平均募集価格1,326万円(牡1,320万円・牝1,332万円)

セール馬の購買金額も違いますので一概にはいえませんが、第一次募集と比較して募集価格平均が400万円ほどお求めやすくなりました。1,000万円と下回る募集馬が4頭もいるとこれぞノルマンディー!でしょう😋

結論としては、現状で飛びつきたいほどの募集馬がおりませんので、先行募集には申し込みません。今後の馬体・動きの変化に加え、父馬をはじめとした血統・厩舎など様子をみながら検討していきます✨🏇✨

※ノルマンディーオーナーズクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

歴代重賞勝ち出資馬(2022年9月8日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①優駿スプリント(2022年・大井・S2)
②アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

引退(戦績:33戦10勝)

勝利重賞
①兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
②さきたま杯(2019年・浦和・G2)