近況

【近況】グリーンファーム愛馬会「スマラグドス」衝撃の追い切りタイム!ほか6頭

皆様おはようございます!本日も競馬が開催されることが嬉しいです。グリーンファーム愛馬会の出資馬の近況が更新されましたので、早速見ていきましょう👀

近況

5歳馬

ルヴァンヴェール(騙)

クラブ公式HP・9/14付

14日、竹内調教師から「レース後の脚もとや馬体に気になる箇所はありませんでした。次走は阪神か新潟競馬を目標に、ここで短期放牧を挟んで再調整します。今回は馬場が極端なスピード馬場になってしまったので参考外のレースだと思っています」との連絡があった。

3歳馬

ダイヤモンドフジ(牡)

クラブ公式HP・9/14付

地方での預託厩舎は園田・田中一巧厩舎を予定。9月8日に岐阜県の山岡トレーニングセンターへ移動している。
14日、田中一巧調教師から「牧場で馬体回復を優先に調整を進めてもらいます。馬の体調を確認しながら入厩時期を検討し、年内2勝の中央復帰条件をクリア出来るよう頑張ります」との連絡があった。
牧場担当者からは「入場後の馬体確認で、右トモに疲れがあったのでケアをしています。現況の馬体も寂しく映るので、ハッキング運動をしながら、徐々に馬体を増やしていきます。飼い葉は完食出来ています。馬体重は446㌔」との連絡があった。

デルバイス(牡)

クラブ公式HP・9/14付

9日に荒山厩舎へ帰厩。
荒山調教師から「牧場で心身共に癒されて、フレッシュな状態で戻りました。調教時のフットワークに素軽さもあり、馬の雰囲気が良く次走が楽しみです。10月の大井開催に向けて、徐々にペースアップしていきます」との連絡があった。

2歳馬

スマラグドス(牡)

クラブ公式HP・9/15付

9月25日(日)中山・2歳新馬(芝2000m)に松山騎手でデビュー予定。
15日、西園調教師から「レース1週前になりますので、今日はCWでの本追い切りを行っています。同じく来週デビュー予定の馬の外に付けて6ハロンから併せており、3~4コーナーで他馬を避けるために少し内を通りましたが、直線は外に出してしっかり追う内容です。相手の馬も十分良い時計で動いていますし、乗り手の斤量差(相手はジョッキー騎乗で本馬は助手)もあったのですが、追い出すと相手の馬を1秒ほど突き放してゴールしました。タイムも6ハロン77秒8で、ラスト11秒5のすばらしい数字で、本当に楽しみになってきました。明日も同じ2頭でゲートからの調整を行い、来週はレースへの微調整という形で臨むつもりです」との連絡が入った。

09/15 助手 栗CW良 94.8-77.8-63.8-50.3-36.4-11.5 稍一杯追う
ヴァモスタイテー(新馬)一杯の外0.1秒先行1.3秒先着

ピエフォール(牡)

クラブ公式HP・9/15付

ノーザンファーム空港牧場で調整中。
直近のメニューは週4回坂路入り(1~2本)、その他の日は周回コースでの調整。
担当者は「坂路2本を乗るときは2本目に13~14秒ペースを消化しています。入厩の態勢が整ってきましたので、厩舎の馬房都合が付き次第、移動する予定です。ここまでしっかりと強目を乗り込むことが出来、良い雰囲気で移動を迎えられそうです」とのこと。現在の馬体重は588キロ。
蛯名正義調教師からは「空港牧場での調教も13秒台の時計を出し始めていますので、今月下旬ぐらいの入厩を予定しています。先ずはゲート試験合格に向けて調整していきます」との連絡があった。

ベファーナ(牝)

クラブ公式HP・9/15付

9月9日にゲート試験をクリアし強目の調整を開始している。
14日、松下調教師からは「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行いました。併せた相手は入厩からゲート試験まで一緒に進めてきたタイセイヴィゴーレという2歳で、4ハロン54秒9で、ラスト13秒3を計時しました。遅れずに同入の形でしたが、手応えはやや一杯といった感じで、もう少し乗り込む必要がありそうです。ゲート試験の後、少し硬さも出てきているので、ここでいったん放牧に出してリフレッシュを挟んだ上で再調整する方が良いと思います。明日1日は厩舎で様子を見て、16日にグリーンウッドTへ移動予定です」との連絡が入っている。

09/11 助手 栗東坂良 1カイ 57.9-43.6-29.2-14.3 馬なり余力
09/14 助手 栗東坂良 1カイ 54.9-39.3-26.0-13.3 一杯に追う
タイセイヴィゴーレ(新馬)一杯に0.1秒先行0.1秒先着

ミラクルティアラ(牝)

クラブ公式HP・9/15付

帰厩後も順調。
9月14日、加用調教師は「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行いました。前を行く1頭を追いかける形で、アリアージュと併走する内容です。実質1本目の追い切りのようなものですから、乗り役にも無理せずに乗ってもらっており、調教を重ねて良くなってきそうです。このままデビューに向けて進めていきます」とのこと。

09/14 助手 栗東坂良 1カイ 55.3-39.7-25.7-13.2 一杯に追う
ブラーヴ(二未勝)一杯に0.8秒先行0.6秒遅れ

まとめ

「スマラグドス」衝撃の追い切りタイム

競馬は走ってみなければわかりませんが、栗東CWでこのタイムを叩き出す2歳馬と聞くだけで本当に楽しみになります。

馬体・調教だけで判断するのであれば、今週デビューする同クラブ同父のハーツコンチェルトとともにグリーンファーム愛馬会をリードしていける存在になるかもしれません。ここ数年新馬勝ちから遠のいているクラブの起爆剤になってくれることに期待しましょう✨🏇✨

※グリーンファーム愛馬会よりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

歴代重賞勝ち出資馬(2022年9月8日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
➀優駿スプリント(2022年・大井・S2)
➁アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
➀ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

引退(戦績:33戦10勝)

勝利重賞
➀兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
⓶さきたま杯(2019年・浦和・G2)

関連投稿