近況

【近況】グリーンファーム愛馬会「ハーツコンチェルト」6月移動に向けて順調!ほか10頭

皆様こんにちは!グリーンファーム愛馬会の出資馬の近況が更新されましたので、早速見ていきましょう👀

5歳馬

スペラーレ(牡)

クラブ公式HP・4/6付

6日、宗形調教師は「ここまで続けて出走させましたので、歩様に疲れもあり、一息入れる事にしました。開催終了後の4日にセグチレーシングS(チバ)へ放牧に出しました。身体の疲労を癒してから、再調整してもらいます」とのこと。

ひとまずごゆっくりと!

惜しい惜しいといわれながらも1600mを使い続けて7戦勝利から遠ざかっています。立て直しいただいたら、復帰初戦は1400mを試したりはしないのでしょうか。新たなチャレンジ大歓迎です。

4歳馬

グロリアスシティ(牡)

クラブ公式HP・4/8付

8日、牧場担当者は「ハミ受けも徐々に改善を見せ、今週から坂路コースで15-15を始めました。ペースアップしてからも馬に落ち着きがあり、蹄の状態も安定しています。ここから馬の雰囲気を見ながら、周回コースでも強めを行なっていきます。現在の馬体重は512㌔」とのこと。

このまま順調に進めて!

この感触なら5月開催あたりでの復帰は現実的ではないでしょうか。続報をお待ちしております。

3歳馬

ダイヤモンドフジ(牡)

クラブ公式HP・4/8付

宇治田原優駿Sで調整中。
4月6日、宮本調教師は「強目をコンスタントに乗り込まれ順調にきているようです。このまま順調なら、そう遠くなく帰厩の目処を立てられそうです」とのこと。帰厩に向けてピッチを上げる。
7日、宮本調教師から「9日(土)の検疫で帰厩させることにしました」との連絡が入っている。

お待ちかねの復帰へ!

この日を心待ちにしていました。ここから連戦できるようしっかりと体調を整えていきましょう。

デルバイス(牡)

クラブ公式HP・4/6付

6日、荒山調教師は「レース当日に大井競馬場に移動したことで馬のスイッチがオンに入り、帰厩後もテンションが少し高いままな状態です。馬のガス抜きを含めて、軽い追い切りをするかもしれません」とのこと。

なかなかないパターンでした!

前走はまさかの開催中止。このまま次回開催で出走できればいいのですが、中止の影響が尾を引かないことを願っています。

ロカビリークイッフ(牡)

クラブ公式HP・4/7付

帰厩後も順調。4月7日、音無調教師は「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行いました。併せた相手の方は馬なりで本馬に合わせて登坂してきたのですが、ハミを噛んでしまい、最後は脚が無くなってラスト14秒0のタイムでした。レースでも最後で脚が無くなってしまうので、次走はダ1200mに減量騎手で向かいます。スタートは悪くない馬ですし、1200mのペースで前半引っかからずスムーズに運べればと思います」とのこと。
4月16日(土)阪神・3歳未勝利(ダ1200m)に向けて調整する。

04/03 助手 栗東坂稍 1カイ 59.3-42.2-26.8-13.2 馬なり余力
04/05 助手 栗東坂良 1カイ 61.9-43.9-28.7-14.2 馬なり余力
04/06 助手 栗東坂良 1カイ 60.3-43.1-27.6-13.7 馬なり余力
04/07 助手 栗東坂良 1カイ 52.2-38.8-26.5-14.0 一杯に追う
サンライズノヴァ(古馬OP)馬なりに0.4秒先行同入

次走は距離短縮で注目!

芝1,200mは忙しい印象でしたが、前走のダートではスタートを決めてうまく先行できましたので、ダートでの距離短縮は前進が見込めそうです。

2歳馬

アリアージュ(牡)

クラブ公式HP・4/8付

BTCの周回ダートコース2,400㍍のキャンターを中心に、週1日は坂路強目(15秒)を消化し順調。
担当者は「15秒ペースを余裕にこなし、14秒台も無理なく走れるようになっています。先日、加用調教師も来場され『順調にきているので早めの移動も検討したい』との話しが出ていました。引き続き精神面の成長は課題ですが、ここまでの調整過程からも早期移動を意識できる馬と見ています。今後もその日の馬の雰囲気を観察しながら、メリハリを付けた調教を心がけていきたいと考えています」とのこと。

坂路ハロン14秒ペースに突入!

相変わらず順調ですね。この調子で進めば、コメントの通り早期移動が現実的でしょう。早期デビューできることを楽しみにしています。

スネークアイズ(牡)

クラブ公式HP・4/8付+4/12追記

[4/8付]
周回ダートコース2800~3000mのキャンターを中心に、週2日は坂路強目(15~16秒、17~18秒ペース)を消化。また、2週間に1日は坂路2本の日を設け、2本目に15-15も行なっており順調。
場長は「ベースとなる距離は変わりませんが、徐々にペースを上げ負荷を高めています。それに伴い徐々にピリッとした気性面は出てきていますが、操縦性は問題無く、筋肉にメリハリや幅が出てきました。更に時計を詰めていける状態にありますので、馬の様子を見つつ終い13秒台まで伸ばすメニューも取り入れていく予定です」とのこと。
8日、田中範雄調教師から「本日北海道入りし、2歳馬の成長具合を確かめに来ました。筋肉量が増えて馬体がしっかりとし、坂路コースで15-14を力強く登坂出来ていました。5月中旬からの新馬戦で勝ち負け出来るレベルだと思いますので、近々に園田へ移動させます」との連絡が入った。

[4/12追記]
本日(12日)、園田競馬場へ入厩。
田中範雄調教師から「遠距離輸送でしたが、熱発もなく到着してくれました。ただ、初めての長距離移動で馬体重も20㌔近く減り、少し疲れた様子が見えます。ここから環境に慣らしながら、5月中旬の新馬戦目標で調整を進めていきます」とのこと。

早期デビューに向け園田へ!

坂路ハロン13秒台を目指すとなれば、当然早期デビューできますね。このタイミングでデビューが見えてくれば、とても楽しみです。順調に進んでいくことを願っています。

ハーツコンチェルト(牡)

クラブ公式HP・4/8付

ノーザンファーム空港牧場で調整中。現在は週2~4回馬場入りし、坂路1~2本(15秒のメニュー)中心に、その他の日は周回コースを併用した調整を行っており順調。
担当者の話では「日によって登坂本数を増減し、メリハリを付けたメニューでハロン15秒のキャンターを乗り込んでおり順調です。乗り進めてきても左膝の状態に変わりは無く、6月の移動に向けてどんどん進めているところです」とのこと。現在の馬体重は518キロ。

6月移動に向けて順調に調整!

心配している左前膝はいまのところ問題なさそうですね。そろそろ坂路ハロン14秒ペースも見えてくると思いますので、順調にステップアップしてくれることを願っています。

ピエフォール(牡)

クラブ公式HP・4/8付

ノーザンファーム空港牧場で調整中。週2回坂路2本(1本目F16秒、2本目F15秒)中心に、その他の日は坂路1本と周回コース2500mのキャンター調整を行っており順調。
担当者の話では「先日、蛯名調教師が来場し15-15での調教を見てもらっています。現在は乗り込み量を増やしてじっくり乗り込む方向で進めており、スピードに乗った走りがスムーズに繰り出せるよう、このまま焦らず調整していきます。2歳新種牡馬の産駒ですしどういう走りをしてくれるか楽しみです」とのこと。現在の馬体重は568キロ。

焦らずに継続調整を!

早期移動してくれるといいなと思いつつも、コメントを見る限りじっくりと進めた方がいい印象ですね。期待の新種牡馬産駒ですので期待しています。

ベファーナ(牝)

クラブ公式HP・4/8付

動画撮影時のタイム:1本目16.5-16.1-15.6、2本目17.0-15.7-15.6

社台ファームで調整中。現在は週3回坂路入りし、うち1回は2本登坂、1回は坂路登坂後に周回ウッドチップコースでハッキングキャンターを乗るメニュー中心の調整。
担当者の話では「調教後の乳酸値は安定してきたので、これからF15-14秒ラップ中心のメニューへと進めていきます。足元はまだ水っぽさが残るので焦ったペースアップはしませんが、体力的には次のステップへ進めていけそうです。前に出る勢いはあるので、エネルギーを溜め込んで、乗り手の指示に対して俊敏に反応できるように作っていきたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は500キロ。

ここにきて順調な調教過程!

外傷の影響はなさそうです。気性面がうまくレースにつながるよう、引き続きよろしくお願いいたします。

ミラクルティアラ(牝)

クラブ公式HP・4/8付

動画撮影時のタイム:1本目16.3-15.0-15.5、2本目14.4-13.7-13.7

社台ファームで調整中。現在は週3回坂路入りし、うち2回は2本登坂、1回は坂路等反語に周回ウッドチップコースに移り、ハッキングキャンターを行うメニューを順調に消化。
担当者の話では「坂路で順調に乗り込んでいます。手綱引っ張っているうちは良い感じですが、加速を促していくと走りがバラつくようなことがあり、まだ心身ともに幼く集中しきれていない面が残ります。今しばらくはこのメニューを繰り返して、基礎固めに励んでいきます。秋競馬でのデビューを目標に進めていきます」とのこと。現在の馬体重は473キロ。
加用調教師は「馬の様子を見てきたところ、坂路で時計を出し順調に乗り込まれているようです。現在の馬体重は472キロと聞いて、体高が低いのでそれほどのサイズがあるように見えなかったのですが、歩かせてみると非常に幅のあるしっかりした馬体が目に付きました。ヘニーヒューズ産駒の血統の特徴が出ている感じで、スピードとパワーを兼ね備えたダートが向きそうな体型に見え、とても楽しみです」とのこと。

秋頃のデビューに向けて!

本馬の主戦場となりそうなダート番組の充実はまだ先ですので、基礎固めからの秋頃デビューはいい流れでしょう。精神面でも課題を残しているので、そのあたりもしっかりクリアしながら進めていただけると幸いです。

※グリーンファーム愛馬会よりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように🏇

関連投稿