近況

【近況】「ジレトール」オープン入りをかけて第1回東京へ!ほか16頭!

皆様こんにちは!キャロットクラブの出資馬の近況が更新されました。出走に向けて帰厩組みが動き出しました。3歳未勝利組は未勝利終了までおよそ半年です。積極的な競馬で勝ちをつかみ取りましょう👍



近況(キャロットクラブ)

6歳馬

トゥルーヴィル(牡)

クラブ公式HP・1/19付

NF空港
この中間はトレッドミルでのキャンター、もしくはウォーキングマシンでの調整を行っています。「獣医師によるチェックを行っていますが、この馬なりに脚元の状態は推移しているということでしたので、試し乗り程度に騎乗運動も再開しています。経過を見つつ、徐々に本格的に動かしていきたいところです。馬体重は489キロです」(空港担当者)

5歳馬

カイカセンゲン(牝)

クラブ公式HP・1/17付

ミッドウェイF
この中間は周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「引き続き、メニュー自体は変わりなく進めることができていますよ。この調子で乗り進めていき、少しずつ具体的な目標を定めていければと考えていますが、基本的には3月中をイメージして取り組んでいきます」(ミッドウェイF担当者)

フォーヴィスム(牡)

クラブ公式HP・1/18付

奥村武厩舎
18日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒8-53秒5-39秒2-12秒1)。「今朝はウッドチップコースにて単走追いを取り入れています。馬体は元々見た目からそこまで重たい印象は受けていませんでしたが、数字上でも550キロ台と少しずつ絞れていますし、調教でも楽に動けていたので良かったですね。ここまでは順調に進められていますから、このまま状態を上げて来週の競馬へ向かっていきたいです」(奥村武師)29日の東京競馬(4歳上2勝クラス・ダ1400m)に内田騎手で出走を予定しています。

4歳馬

ジレトール(牡)

クラブ公式HP・1/17付+1/19追記

[1/17付]
松永幹厩舎
17日に栗東トレセンへ帰厩しました。「この中間は15-15まで脚を伸ばしたり、1日2本坂路を上がるなど順調にペースを上げることができていましたので、厩舎サイドとも相談してこのタイミングで帰厩させることになりました。短期でもいいリフレッシュ期間になったと思いますし、また競馬で頑張ってほしいですね」(NFしがらき担当者)

[1/19追記]
松永幹厩舎
18日は軽めの調整を行いました。19日は栗東坂路で追い切りました(54秒6-40秒7-25秒9-12秒1)。「前走後はいったんリフレッシュ放牧に出していましたが、乗り出してからも特に問題ないとのことで、東京2週目の自己条件に向けて火曜日帰厩させています。今朝は坂路で追い切りました。単走で終いだけサッと伸ばしましたが、反応よく動けていましたし、来週はしっかり負荷をかけていこうと思います。今回の鞍上は坂井騎手に依頼をしました」(松永幹師)2月5日の東京競馬(銀蹄S・ダ1400m)に坂井騎手で出走を予定しています。

プライルード(牡)

クラブ公式HP・1/17付

NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週に引き続き、今週も日を選びながら坂路に入れていこうと考えながら調整を行っています。寒さが増してきそうな状況でもありますし、体調そして脚元の管理に気をつけながら動かしていけたらと考えています」(天栄担当者)

3歳馬

クエイヴァー(牝)

クラブ公式HP・1/17付

NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間に蹄鉄の修正を加えた後も逐一状態を確認していますが、今のところ落ち着いています。それに伴い、乗る際はコースにも入るようにもしていますよ。この後も用心して接し、乗る距離を少しずつでも延ばしていけたらと考えています」(天栄担当者)

クールブロン(牡)

クラブ公式HP・1/19付

武幸厩舎
18日は栗東CWコースで追い切りました。19日は軽めの調整を行いました。「この中間乗りながら左トモの状態も問題なく順調です。水曜日はCWコースで併せて追い切って6ハロン86秒6、ラスト1ハロン12秒3をマークしました。馬体重は前走からプラス10キロぐらいですが、今日長めからやって締まってくるでしょう。まだレースについて具体的には決めていないのですが、週末、来週とやってみて、最短で来週末の競馬から考えて行けそうです。中京のダート1800m、1900mが本線ですが、相手関係次第では小倉も選択肢には入れるつもりです」(武幸師)

シテ(牡)

クラブ公式HP・1/17付+1/18追記

[1/17付]
石坂厩舎
17日に栗東トレセンへ帰厩しました。「ソエについてはケアをしつつ、周回コースと坂路での騎乗調教を取り入れながら様子を見ていましたが、乗り出してからも反動などは見られず、歩様も特に問題ありません。15-14までペースを上げても動けていましたし、この感じならすぐに帰厩させて大丈夫そうなので、厩舎サイドとも相談して本日の検疫でトレセンへ移動させることになりました」(NFしがらき担当者)

[1/19追記]
石坂厩舎
18日、19日は軽めの調整を行いました。「NFしがらきでの状態を確認したところ幸いソエの症状がなくなっていたため、火曜日に帰厩させています。トレセンでは触診痛があっていくらか歩様にも見せていたのですが、NFしがらきで装蹄の工夫もしてもらっていたので治まるのが早かったのかもしれません。まずは軽く動かしながら様子を見て少しずつペースを上げていきます」(石坂師)

スティールウィル(牡)

クラブ公式HP・1/19付

NF早来
軽めの調整を行っています。「この中間もウォーキングマシンなど軽めの調整に留めています。先週と比較して大きく変わった様子はありませんが、また近いタイミングで獣医師のチェックを受ける予定にしているので、その診断を踏まえつつ調整を進めていきたいです」(早来担当者)

ディバイングレース(牝)

クラブ公式HP・1/17付

NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「運動の際もそうですが、馬場入りする際も気を付けて対応するようにしています。今のところ気持ちが変な方向へ行きすぎることはないものの、だからと言って油断はできませんので、この後も用心深く対応していきます」(天栄担当者)

パルクリチュード(牝)

クラブ公式HP・1/18付+1/19追記

[1/18付]
松永幹厩舎
18日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。直線の不利はかなり痛かったのですが、レース内容としては良かったと思いますし、芝への適性が確認できた点は収穫でした。今のところ特に目立った疲れなどは見せていませんが、いったん放牧に出し、状態を見ながら今後のプランを相談していこうと思います」(松永幹師)19日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

[1/19追記]
NFしがらき
19日にNFしがらきへ放牧に出ました。

ファンネルマーク(牡)

クラブ公式HP・1/18付

古賀厩舎
18日は美浦南Wコースで追い切りました(84秒0-67秒4-52秒3-38秒0-11秒7)。「先週末は軽くコースで時計を出して、今週の調教に備えていました。今朝は3頭併せの真ん中に入れて、67秒くらいから終い11秒ちょっとと、最後まで気持ちを抜かせないように動かしています。さすがに去勢からそこまで時間が経っていないので、動きに関しては実戦を含め馴染ませつつになるかとは思いますが、馬体に関しては以前の水っぽいところが少しずつ抜けて良く見せるようになっていますね。競馬は東京開催のダート2100mを見ており、そこなら毎週組まれているので、今後の調教の感触や仕上がり具合を見ながら詳細を詰めていきたいです」(古賀師)

ブレガーロード(牡)

クラブ公式HP・1/19付

NF空港
この中間はトレッドミルでのキャンター、もしくはウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間もトレッドミルでのキャンターペースでじっくり体を動かすようにしています。経過を見つつ負荷をかけていき、騎乗運動へ移行するタイミングを見定めていくつもりです。馬体重は502キロです」(空港担当者)

レディエンフェイス(牝)

クラブ公式HP・1/17付

NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によってはハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「この中間の様子は悪くないかなと感じたこともあり、今週は少し負荷を強める形で動かしてみています。日によっては70-40程度のものも課すようにしていますので、その都度、慎重に様子を見ていき、何とか軌道に乗せていけたらと思っています」(天栄担当者)

2歳馬

外)キャントバイミーラヴの21(牝)

クラブ公式HP・1/13付

NF空港
馬体重:484kg
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本登坂しています。年末年始のリフレッシュ期間を経て、乗り出しを再開しています。現状のペースでは問題なく動くことができており、更にペースを上げていける体力も備わっていそうなので、様子を見ながら負荷を高めていくつもりです。

ヒルダズパッションの21(牝)

クラブ公式HP・1/13付

NF空港
馬体重:506kg
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本登坂しています。年末年始のリフレッシュ期間を挟んだ上で乗り出していますが、ここまでは変わりなく調教に取り組むことができています。見た目には緩みを感じさせるものの、実際に跨ってみると印象はいい意味で異なり、大きな問題とは捉えていません。今後も丹念に乗り込み、芯からしっかりさせていければと考えています。

リッチダンサーの21(牝)

クラブ公式HP・1/13付

NF早来
馬体重:451kg
年末年始はリフレッシュも兼ねて、ウォーキングマシンなどの軽めの運動に留めていましたが、少しずつ元の調教に戻しており、現在は週1日、坂路でハロン17~18秒のキャンターを行い、それ以外の日は周回コースでのキャンター1800mかウォーキングマシン調整を取り入れています。背中に張りやすい面があったり、体力面で物足りなさを覚えたりと、良化の余地を多分に残しているので、成長の芽を摘まないように徐々に負荷を高めていこうと思います。

まとめ

オープン入りをかけて第1回東京へ

「ジレトール」が2/5(日)銀蹄ステークス(東京D1,400m)を目標に帰厩しました。実現すれば初の東京出走です。坂井騎手は2歳戦のとき以来久々の騎乗!その時は掲示板にも届きませんでした。今回はどのようなレース運びをしてくれるのかいまから楽しみです✨🏇✨

その他のトピックスは、「シテ」がとんぼ返りの帰厩!ソエの症状が改善してひと安心です。「クールブロン」「ファンネルマーク」の芦毛コンビが出走態勢に入りました。このあたりで頭角を現してこないとこの先苦しくなりますので、掲示板を最低条件として積極的な競馬で勝ち上がりを目指していきましょう👍

※キャロットクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済



最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

【一口馬主の話題】とことん楽しめる「おすすめクラブ3選+α!」皆様こんにちは!突然ですが、競馬って勝ち負けだけでは語れないロマンがあったり馬券でお金が増えたり減ったり本当におもしろいですよね😃 ...
歴代重賞勝ち出資馬(2022年9月8日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①優駿スプリント(2022年・大井・S2)
②アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

引退(戦績:33戦10勝)

勝利重賞
①兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
②さきたま杯(2019年・浦和・G2)