近況

【近況】キャロットクラブ「クルージンミジーの20」坂路15秒ペースに突入!ほか13頭

皆様こんにちは!キャロットクラブの出資馬の近況が更新されましたので、早速見ていきましょう👀

5歳馬

トゥルーヴィル(牡)

クラブ公式HP・2/15付

NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「この中間は坂路では軽めのペースから終いを伸ばす感じで日々メリハリをつけた調教に取り組んでいます。脚元については引き続き落ち着いていて問題ありませんが、焦らずにじっくり調整を進めていきます。体調面も特に気になるところはありません」(NFしがらき担当者)

焦らずじっくりとは!

コメント内で特別機になる点はありませんが、焦らずということは暖かくなってくる4月末からの東京開催あたりがターゲットでしょうか。

気長にお待ちしております。

フォアシュピール(牡)

クラブ公式HP・2/15付

NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「コンスタントに動かすことができていて、まずまずかなという状況にあります。月末もしくは来月前半くらいには移動を考えてもらえる状況になるのではないかと小笠調教師に現状を報告しています」(天栄担当者)

だいぶ見通しがついてきました!

順調に2月末~3月前半に帰厩できれば、4月の福島開催あたりがターゲットでしょうか。ダート1,700mはコンスタントに組まれていますので、出走が叶うことを期待しています。

4歳馬

フォーヴィスム(牡)

クラブ公式HP・2/15付

NF天栄
軽めの調整を行っています。「レース後、トレセンで念のため膝の検査をしてもらっていましたがこちらでも改めて確認したところ、角度によってはいくらか傷んでいるな…と思えました。パフォーマンスにも影響しているのでしょうし、積み重なっていくとまたお休みを必要とするかもしれませんね…。ひとまず今回は軽めからならケアしながら進めていけると判断しましたので、今は軽く乗り出しています。もとより東京という話になっていましたけれども、この状況からもすぐ戻すということはせず、春の東京開催を目指して徐々に進めていくつもりです」(天栄担当者)

慎重に進めましょう!

本馬は、ターゲットが決まっていますし脚元の状況によっては白紙になることも想定の範囲内です。東京ダート1600mは、コンスタントに組まれていますので焦らずに進めていきましょう。

3歳馬

カルセドニー(牝)

クラブ公式HP・2/15付

NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「心身ともにまだ頼りなく、これからという状況にあります。慌てないで少しずつ慣らしながら進め出していて、今週も適度に坂路に入れるようにしています」(天栄担当者)

引き続き、14-15で調整!

まだまだコメントが頼りないので、気長に待つしかありません。

ジレトール(牡)

クラブ公式HP・2/15付+2/19追記

[2/15付]
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間から坂路では15-15程度の調教も行っています。また、1日2本坂路を上がったりするなどして、先週からさらに負荷を上げてきているところです。ペースアップにもすんなりと対応してくれていますし、馬体には張りがあって状態も良さそうです。あとはいつ声がかかってもいいようにしていきたいですね」(NFしがらき担当者)

[2/19追記]
松永幹厩舎
18日に栗東トレセンへ帰厩しました。

15-15まで順調にペースアップ!

特に問題なくステップアップできています。あとは、どのレースを狙ってくるのか公式に公表を待つのみです。

プライルード(牡)

クラブ公式HP・2/15付+2/19追記

[2/15付]
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「入場後コンスタントに動かしてきまして、悪くない状況にあるかなと思えます。もう数週すると3月となりますから、様子を見ながら今後のことも考えていければと思っています」(天栄担当者)

[2/19追記]
ミッドウェイF
19日にミッドウェイFへ移動しました。

前回のコメント同様、目指すところが見てきませんね!

3月からトライアルが活況になりますので、目指すところの情報について首を長くしてお待ちしております。

2歳馬

クルージンミジーの20(牡)

クラブ公式HP・2/15付

NF空港
馬体重:506kg
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本登坂しています。この中間からハロン15秒ペースを取り入れることができているように、順調に日々のメニューを消化することができています。速めのペースをこなしていく中で堪える面を見せることもないので、今後も本数をこなしていけそうです。

15秒ペース突入!

極めて順調ですね。このペースで早期デビューが実現するようであれば、ダート専用と決めつけず芝でのデビューも検討してください。

グローバルビューティの20(牝)

クラブ公式HP・2/15付

NF空港
馬体重:447kg
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本登坂しています。引き続き、成長を重視したメニューで進めていますが、変わりなく対応することができています。ここまではこちらの思惑通りの成長過程を歩むことができている印象なので、この調子で更なる変わり身を求めていきたいところです。

前回コメント更新時同様16~17秒継続!

この調子でじっくりしっかりと下地づくりをよろしくお願いいたします。

シンハディーパの20(牝)

クラブ公式HP・2/15付

NF空港
馬体重:424kg
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本登坂しています。見た目の印象に物足りなさこそ残るものの、本馬なりに着実にしっかりしてきていると言えます。坂路コースではバランスを取って走ることができており、今後も良いところを伸ばしていけるように進めていくつもりです。

まだまだ馬体増が必要!

コンスタントに17~18秒を登坂できていますが、この先の調教量増を想定するともっと馬体を増やしておきたいところです。カイバは食べているということですので、心身の成長が待たれます。

ビットレートの20(牝)

クラブ公式HP・2/15付

NF早来
馬体重:434kg
現在は週4日、坂路でハロン15~17秒のキャンターと周回コースでのキャンター2700mを行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターかウォーキングマシン調整を取り入れています。坂路では週4本のうち、2本は3ハロン46~47秒のキャンターを乗るなど、順調に負荷を掛けることができています。脚元などに変化はありませんが、現状ではダート馬らしい少し硬めの捌きに見せています。今後も疲れを溜め込まないように、必要に応じて緩急を付けながら調整を進めていきたいと考えています。

相変わらず順調に成長!

血統・見た目らかもダート馬でしょう。このまま順調に調教を重ねて「エーデルワイス賞」を目指したいところです。

フォトコールの20(牡)

クラブ公式HP・2/15付

NF空港
馬体重:481kg
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本登坂しています。じっくり進めていった方が良さの出てくるタイプと考えているだけに、同様のメニューで焦らず下地を強化していく方針です。体力面を含めて良化の余地を感じさせるので、継続的に本数をこなしていくことで上積みを求めていきます。

本馬なりに順調!

特に焦る必要はなく、現状でこのペースであれば及第点でしょう。

プンタステラの20(牡)

クラブ公式HP・2/15付+2/24追記

[2/15付]
NF早来
馬体重:497kg
「ここ最近は週2日、坂路でハロン16秒のキャンターを中心とした運動メニューで順調に進めることができていましたが、昨日の登坂時にトモを落とすような格好をして、左後肢にハ行を呈してしまいました。現在は舎飼で様子を見ている段階ですが、脚元というよりも骨盤や坐骨まわりなど、外から見えにくい部分に負担が掛かっている可能性が高そうです。引き続き、経過を観察しつつ、必要な検査に備えていく考えです。ご心配をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません」(早来担当者)

[2/24追記]
NF早来
「舎飼で様子を見ていましたが、引き続きトモ脚の歩様は万全とは言えず、左トモの筋肉が少しずつ落ちてきている感じです。そういった状況を踏まえてエコーによる精密検査を行ったところ、腸骨翼の骨折が疑われるとの診断でした。ハ行を呈してから10日ほどしか経っておらず、これから状況が変わる可能性も考えられるので、改めて複数の獣医師の目でチェックしつつ今後の対応を検討していきます」(早来担当者)

とにかく治療優先!

故障したことは大変残念ですが、大事にいらたないことを願うばかりです。

マイハッピーフェイスの20(牝)

クラブ公式HP・2/15付

NF空港
馬体重:536kg
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本登坂しています。徐々にハロンペースを速めることができているように、ここまでは順調に推移していると言えそうです。今後も引き続き、トモを中心にケアを施しながら乗り進めることで、強固な下地を築いていきます。

17秒に突入!

相変わらず脚元が心配ですが、コメントの通り強固な下地を築いてください。

リリカルホワイトの20(牡)

クラブ公式HP・2/15付

NF早来
馬体重:514kg
右脇などに見られた皮膚病はケアをしたことで治まってきており、この中間は週2~3日、坂路でハロン16~17秒のキャンターと角馬場での乗り運動を行い、それ以外の日は周回コースでのハッキング2700mかウォーキングマシン調整を取り入れています。現状程度のメニューは元からこなしていたこともあり、比較的スムーズに登坂することができています。このまま様子を見ながらハロン16秒程度の負荷に慣らし、次のステップへ移行する時期を見定めていきます。

皮膚病がありながらも16秒で調整!

すこし遅れると思っていましたが、この感触なら15秒もそう遠くないでしょう。父の産駒は、2歳戦から活躍できる傾向ですので本馬もそうなることを願っています。

※キャロットクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済


今なら、無料登録で【馬王Z】自動運転攻略法を提供!!
競馬予想なら!
競馬最強の法則WEB

後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように🏇

関連投稿