近況

【愛馬近況】キャロットクラブの仲間たち…「ダグザ」夏の小倉に間に合いそう!

キャロットクラブの愛馬の近況が更新されました😊早速見ていきましょう👀

クラブ公式HPより(8/10付)

カイカセンゲン(牝3歳・父ネオユニヴァース・母カイカヨソウ・大井:藤田輝信厩舎)

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14-15秒のキャンター調整を取り入れています。「今回の調整は、何か問題があっての放牧というわけではありませんし、馬は元気ですよ。調整のほうも徐々に進められていて、今朝は坂路で15-14くらいのペースで無理なく動かすことができています。引き続き心身の状態をしっかりと見極めながら調教を積み重ねていきます」(天栄担当者)

ジレトール(牡2歳・父ロードカナロア・母サンビスタ・松永幹夫厩舎)

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「馬体には特に異常はありませんでしたので、この中間から周回コースと坂路での騎乗調教を開始しています。乗り出してからも目立つような疲れは見せていませんし、この感じならそこまで長いお休みにはならないと思います」(NFしがらき担当者)

ダグザ(牡2歳・父Shalaa・母タリサ・安田隆行厩舎)

10日に栗東トレセンへ帰厩しました。「この中間も先週同様に15-15をしっかりと乗り、日によってハロン14秒ペースも交えていました。今日の検疫が確保できたとのことで、レースに向けて無事に送り出しています」(NFしがらき担当者)

プライルード(牡2歳・父ラブリーデイ・母アンソロジー・北海道:田中淳司厩舎)

トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は坂路でハロン13-17秒のキャンター1~2本の調整を行っています。「日によっては坂路1本目にハロン16-17秒、2本目にハロン13-14秒を乗るなどしっかり目の負荷を掛けています。現状では9月中旬の競馬になる可能性が高そうですから、逆算して乗り込んで状態を上げていきたいです」(早来担当者)

※キャロットクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

ウマサンニデアッタの雑感

カイカセンゲン:元気そうで何よりです。ひと夏を越して成長した姿が見れることを楽しみにしています🥺

ジレトール:成長度合いにもよりますが、そう遠くない時期に戻ってきてくれそうですね。楽しみに待っています☺

ダグザ:小倉での激走を期待しています😎

プライルード:9/16(木)のイノセントカップ(ダ1200m)に向けての調整でしょうか。きっちりと決めてほしいですね😉

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主でダビスタをやっているときのような楽しい日々が続きますように🏇

関連投稿