近況

【愛馬近況】キャロットクラブの愛馬たち…「サンヴィセンテ」・「ペルスネージュ」残り時間はあとわずか!

キャロットクラブの愛馬の近況が更新されました😊早速見ていきましょう👀

クラブ公式HPより(7/21付・7/26追記)

トゥルーヴィル(牡4歳・父ディープインパクト・母レディドーヴィル・斉藤崇史厩舎)

21日は栗東Pコースで追い切りました。「新潟3週目の自己条件に向けて先週帰厩させていただきました。今朝はポリトラックで追い切りを行っています。前半は折り合い重視で進め、そのまま終いをサラッと伸ばすといういつもどおりの内容です。体の使い方などは休む前の方が良く見えましたが、これが戻ってきて実質1本目の時計ですし、ここからまた上向いてきてくれると思います。あと2週あるので十分仕上げていけるでしょう」(斉藤崇師)8月8日の新潟競馬(信濃川特別・芝2000m)に福永騎手で出走を予定しています。

フォアシュピール(セ4歳・父ディープインパクト・母ミュージカルロマンス・小笠倫弘厩舎)

[7/21付]
この中間は週2日、屋内坂路コースでハロン13-15秒のキャンター2本登坂しています。また、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「背中を中心に疲労が溜まりやすいところがあるので、獣医師からショックウェーブ治療の指示が出ています。厩舎サイドとは遠くないタイミングでの帰厩を相談していますから、しっかりとケアを施した上で送り出したいと思います」(空港担当者)

[7/26追記]
24日に札幌競馬場へ帰厩しました。

サンヴィセンテ(牝3歳・父ジャスタウェイ・母アビラ・木村哲也厩舎)

21日は美浦南Wコースで追い切りました(57秒4-42秒4-13秒8)。「先週いっぱいまで時間をかけてじっくりと動かして様子を見ていました。何とか乗り越えてくれたかなと思えるようになってきて、今週より時計を少しずつ出していけると判断しましたので、今週から追い切りを始めました。1本目ですし、ここまでの経緯も踏まえて今日は72-42くらいと無理しない程度のものに終始しました。これからどの程度あげていけるかにもよるので次走の目標についてはまだ設定できませんが、時期を考えて焦ってしまうと却っていいことはないので、あくまでも馬の状態に合わせて慎重に対応していきます」(木村師)

ペルスネージュ(牝3歳・父ディープインパクト・母スノースタイル・木村哲也厩舎)

21日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒9-54秒4-39秒6-11秒7)。「先週に引き続き今朝もコースに入れて5ハロンから時計を出す追い切りを行いました。ここまでの様子からすぐの競馬は難しいかなと思えて目標をもう少し先に置くことにしたので、今週はまだ単走にとどめて、リズム重視にし、急かさず動かして終いまで頑張らせるようにしています。まだ良化の余地はあり、理想的な走りができているというところまでには至っていませんけれど、前回よりも毛ヅヤがいいのは救いなので、コンディションの良さを活かして何とか良化を図っていければと考えています」(木村師)

※キャロットクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

ウマサンニデアッタの雑感

トゥルーヴィル:この2場開催は、出走することが大変な状況です…このクラス・この条件が向いていることは明白ですので、とにかく出走できることを願っています🎅

フォアシュピール:まだそんなに走っていませんが、疲労が残っているんですね…洋芝での激走に期待しています🙄

サンヴィセンテ:焦るといいことない…よくわかります。ただ、この時期の3歳未勝利戦は除外が相次ぎ出走すらままならないので、ある程度の時期にご判断ください。木村先生を信じています😣

ペルスネージュ:サンヴィセンテ同様…使いたいレースに使えない恐れを想定して進めてほしいです。そんなことは、重々承知ですね…釈迦に説法でした…木村先生を信じています😬

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主でダビスタをやっているときのような楽しい日々が続きますように🏇

関連投稿