1⃣競馬・POGの話題

【競馬の話題】JRA・NARより国内ダート路線改革案を発表!

皆様こんにちは!日本中央競馬会・地方競馬全国協会より、競馬ファンに向けて重要な情報が展開されましたので、早速見てきましょう👀

今回の発表は、日本競馬の更なる発展を目指し、中央競馬ぼ芝に加えて地方競馬が主体となったダート競走の体系整備を行うという内容です😍

主な変更点は以下の3つ

3歳ダート三冠競走を中心とした体系整備

→ダート3冠競走の前哨戦として重賞を5レース設定

2・3歳ダート短距離路線の整備

→北海道スプリントカップを3歳限定戦に変更ほか

既存ダートグレード競走の見直し

→さきたま杯がJpn1に昇格・兵庫女王盃新設ほか

ダート馬の需要増???

まず、すでに発表されていた3歳ダート三冠競走にあわせるかたちで前哨戦が発表されました。ユニコーンステークスこそJRA開催ですが、「ブルーバードカップを含む4競走は船橋・大井・盛岡で開催」されます。そのほかにもさきたま杯のJpn1昇格をはじめ「地方ダート各世代・各カテゴリーの路線が整備」されダート・地方競馬の盛り上がりに大きな期待できます。

一方、まだ課題もあります。全国各地でダートグレード競走が開催されていますが、依然中央勢が優勢の現実。そんな中で取組み段階ではあるものの「ダートグレード競走の中央・地方の格差是正」にむけた動きに注目!!例えば、本賞金の増額・地区重賞の競走体系整備や負担重量の見直し・ダートグレード競走への出走奨励策・ダートグレード競走地方最先着馬に対する褒賞金などがあげられています👑

中央馬と対等に戦える地方馬もいますが、中央馬優勢という事実を認識た上で取組みしてくことは、日本競馬のレベルアップには欠かせないことなので積極的に取り組んでいただきましょう💪

今回の発表により「各セールでのダート馬価格高騰・ダート系種牡馬の種付け頭数増・一口馬主クラブのダート系募集馬の出資意欲アップなどダート馬の需要増が見込める」でしょう😋

中央競馬・地方競馬が協力し、日本競馬がさらにレベルアップしていくことに期待して応援していきましょう✨🏇✨

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

【競馬の話題】「2024年から3歳ダート三冠競走創設」含む2・3歳馬ダート競走の体系を整備皆様こんにちは!全国公営競馬主催者協議会・特別区競馬組合・兵庫県競馬組合・日本中央競馬会・地方競馬全国協会連名で、競馬ファンにとって重要...
歴代重賞勝ち出資馬(2022年9月8日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①優駿スプリント(2022年・大井・S2)
②アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

引退(戦績:33戦10勝)

勝利重賞
①兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
②さきたま杯(2019年・浦和・G2)