近況

【近況】ノルマンディーオーナーズクラブ「エルズリー」現役続行決定!ほか4頭

皆様こんにちは!ノルマンディーオーナーズクラブ出資馬の近況が更新されましたので、早速見ていきましょう👀

6歳馬

エルズリー(牝)

クラブ公式HP・2/25付

在厩先:吉澤ステーブルWEST
馬体重:-
★2/20(日)小倉・伊万里特別(ダ1000m・混)泉谷楓真騎手 結果:優勝

近走の内容や夏以降に南関東へ移籍した場合、クラス格付けが下がる点などを踏まえて、本馬はこのまま現役を続行することになりました。
この後はトレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、24日(木)に移動しています。

「先週はありがとうございました。レース後も馬体や脚元に異常はなく、無事上がってきています。明け6歳でも年齢的な衰えは感じさせず、むしろここにきて充実度が増しているエルズリー。このタイミングでお母さんになる選択肢もあったでしょうが、近走キックバックに怯む面が解消され、前半行き脚も付いて競馬っぷりが一変している。クラブサイドとも今回レース後に話し合いを重ねて、このまま現役を続行する結論に至りました。3勝クラスで通用するかはやってみなければわかりませんが、単純に距離だけの問題であれば期待十分。4/09(土)福島・やまびこS(ダ1150m・混ハンデ)は節の関係から使える可能性が低く、一息入れて1回新潟開催(4/30~)の番組に向かえればと考えています」(吉岡辰弥調教師)

現役続行ありがとうございます!

新潟芝1000m直線と南関東転籍も視野に入れたダート1000m以下にこだわって出走していきましょう。

リーピングリーズン(牝)

クラブ公式HP・2/25付

在厩先:栗東トレセン
馬体重:-
23日(水)に坂路コースで4ハロン56.3-40.5-26.8-13.5を単走で馬ナリに追い切りました。「年齢と共に少しズブさは出てきているものの、旺盛な前進気勢で引っ張りきりの手応えのまま坂路を登板しています。今朝の計量で524kg。体も引き締まって稽古の動きに切れが増してきましたし、ようやくリーピングリーズン本来の姿に戻ってきた印象を受ける。前走時はまだもうひと息の状態に映りましたが、使った上積み十分で中身から違ってきていますね。このまましっかりと負荷を掛け、予定どおり3/12(土)阪神・飛鳥ステークス(芝1800m・混ハンデ)に向かうつもりで調整していきましょう。ある程度軽いハンデが見込めるはずで、次は一発あってもと色気を持てそうです」(吉岡辰弥調教師)

2戦連続で芝に挑戦!

今回が引退レースになるかもしれないので、ダート戦を望んでいましたが、芝でしたね。大胆な騎乗で一発を狙っていただきましょう。

3歳馬

カルヴァドス(牝)

クラブ公式HP・2/25付

在厩先:ケイツーステーブル
馬体重:473kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。速いところこそおこなっていませんが、緩めないようにコンスタントに乗り込んできました。明日26日(土)に帰厩が決まっていますが、右トモに弱さがある馬なので、しっかりとケアをおこなったところ。今週オゾン治療もおこないましたし、リフレッシュした状態で送り出せそうです」(担当者)

この調子なら予定通り中山でしょう!

デビュー戦の内容からダート1,800mが有力でしょうか。引き続き、見応えのあるレースを期待しています。

グロリアスヒーロー(牡)

クラブ公式HP・2/25付

在厩先:松風馬事センター
馬体重:518kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(16~18秒ペース)のメニューで調整中です。左前の傷は気にならないレベルまで回復してきています。積み重ねてきたことで安定してきましたし、順調に進められています。そろそろ態勢が整いそうなので、このまま蓄積度合いを高めていきたいと思っています」(担当者)

そろそろ帰厩でしょうか!

デビュー戦は、スタートで終了したようなものですので次走は、どのレベルの馬なのかを見極める重要な一戦と理解しています。

バイタルエリア(牡)

クラブ公式HP・2/25付

在厩先:美浦トレセン
馬体重:-
先週19日(土)に美浦・加藤士津八厩舎に入厩しました。
本日25日(金)にゲート試験を受験し、無事に合格しています。

「今回はこのようなお話をいただき、ありがとうございます。この馬の姉が、私の父の厩舎の所属だったこともあり、何か不思議な縁を感じます。うまく検疫が取れたので、先週末にこちらに入厩し、火曜日までは坂路コースに入れたりしながらトレセンの環境に慣らしていました。水曜日にゲート練習を開始。寂しがり屋で、気持ち的に幼い部分があるものの、悪さをすることなく淡々と進められていました。入り、駐立は問題なく、出がモッサリとして今ひとつな反応でしたが、今日たまたま他の厩舎でゲート試験を受ける馬がいたため、練習がてらに一緒に行ってみたところ、一発で受かってくれました。1本目はやはり行き脚が鈍かったのですが、2本目は修正できてまずまずのスタートでした。育成場であまりビッシリと練習された感じはしませんでしたが、逆に変な癖などもついてなく、調整しやすかったですよ。ロスなく来られましたし、このままデビューに向けて進めていきましょう。中山開催中であれば、ダ1800m戦が良さそうにも思いますが、速いところをやってみた感じで相談させてください」(加藤士津八調教師)

転厩早々のゲート試験合格!

加藤先生と本馬には不思議なご縁があるようですね。血統やゲートのスタートを踏まえるとダート1,800mからの出走がいいでしょう。このままデビュー戦を迎えてほしいと思っています。

※ノルマンディーオーナーズクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済


今なら、無料登録で【馬王Z】自動運転攻略法を提供!!
競馬予想なら!
競馬最強の法則WEB

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように🏇

関連投稿