グリーンファーム愛馬会

【出走結果】「ダイヤモンドフジ」距離短縮でも逃走劇とはいかず!

皆様こんにちは!グリーンファーム愛馬会のダイヤモンドフジが中央復帰をかけて転籍4戦目を迎えました!待望の距離短縮ですので、ここから2連勝といきたいところでしたが僅差で敗れました🥶


欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

ダイヤモンドフジ(4歳牡・グリーンファーム愛馬会)

レース概要

出走日1月4日(水)
競馬場(発走時刻)園田9R(14:45)
レース名C1
コース(頭数)ダ1,230m(12頭)
騎手下原 理
着順2着(3番人気)

クラブ公式コメント・1/4付

1月4日(水)園田・C1(ダ1,230㍍)に下原騎手で出走し2着。

田中一巧調教師から「距離短縮でリズム良く走れましたが、向正面で1ハロン早く動かされたことで、最後は差し切られてしまいました。この後は姫路開催になりますので(姫路は800、1.400、1.500)リフレッシュ放牧を挟みます。今日の競馬は折り合いも良く、適距離だったと思います」との連絡があった。

距離短縮でも逃走劇とはいかず

レースは、まずますのスタートから2番手につけます。そのまま4コーナーで先頭にならびかけて押し切りを図りましたが、勝ち馬に差し切られて2着で入線しました。

昇級後では一番いい内容でしたが、2着ではいかんのです。道中かかり気味でしたが、抑え込むことなく思い切っていっても面白かったでしょう。

中央競馬への再登録を目指すことを前提にしていますので、ここでも勝ち切れなかったことをどう捕えるでしょうか。リフレッシュ放牧を挟むことはかまいませんが、中央1勝クラスで通用するとは考えにくいです。近走の内容から収益性を考慮する必要があるでしょう。期間で区切るのか戦績で判断するのかなどそろそろ方向性をあらためて見直してほしいところです✨🏇✨

※グリーンファーム愛馬会よりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

関連記事・サイト

【出走決定】「ダイヤモンドフジ」距離短縮で逃走劇を期待! 皆様こんにちは!グリーンファーム愛馬会のダイヤモンドフジが中央復帰をかけて転籍4戦目を迎えます!待望の距離短縮ですので、ここから...

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

歴代重賞勝ち出資馬(2022年9月8日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①優駿スプリント(2022年・大井・S2)
②アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

引退(戦績:33戦10勝)

勝利重賞
①兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
②さきたま杯(2019年・浦和・G2)