お知らせ(ブログを移設します🙇‍♂️🙇‍♀️)

この度、ブログをAmeba(アメーバ)へ移設することにいたしました。

以下のリンクより新ブログにお越しください。引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。🙇‍♂️🙇‍♀️

Ameba(アメーバ)

クラブ募集の話題

【一口馬主の話題】「東京サラブレッドクラブ/2023年募集」募集予定馬ラインアップ発表!

皆様こんにちは!大変お待ちかねの東京サラブレッドクラブから2023年の募集予定馬が発表されました。今回は、いくつかの項目別かつ頭数順に取り纏めました。現状での注目馬も記載しましたので、よろしければお付き合いください😉

2022年産募集予定馬ラインアップ

まず直近のクラブの話題としては、レッドモンレーヴの京王杯スプリングカップ勝ち、ルージュスティリアのヴィクトリアマイル出走をはじめ盛り上がり続けています。出資申込に向けて今回は準備段階として性別・種牡馬別・厩舎別・(5/30追記・価格別)を頭数順にまとめております👍

募集予定頭数(52頭)

性別

種牡馬別

厩舎別

価格別(5/30追記)

現段階での注目馬6頭(募集番号順)

馬名(性別)父名・厩舎・価格・ワンポイント
03.ノンザの22(牝)ドゥラメンテ・大竹正博・6万円・母はフランスG1勝ち
15.レッドラヴィータの22(牝)ドレフォン・国枝栄・10万円・兄マテンロウスカイはオープン馬
32.エスケイプクローズの22(牝)ドゥラメンテ・中内田充正・7,200万円・母はカナダ古馬牝馬チャンピオン
36.ラストグルーヴの22(牝)レイデオロ・新規開業・6,000万円・半兄レッドモンレーヴはG2勝ち
44.レッドジェノヴァの22(牝)サトノダイヤモンド・池江泰寿・2,000万円・母は京都大賞典2着
52.アスタウンドメントの22(牝)Liam’s Map・矢作芳人・4,800万円・曾祖母は米G1を2勝

※馬の健康状態等により、募集開始までに変更となる場合あり

東京サラブレッドクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

まとめ

重賞馬輩出に期待大

今年も当クラブ出身馬を中心とした優秀な牝系、バラエティに富んだ種牡馬、リーディング上位の生産牧場、贅沢な厩舎などなど豪華な募集馬てんこ盛りに心おどります。字面を見ただけでも重賞馬輩出に期待大ですね。一方で、なかなか出資できないことを想定するとやっぱり母馬優先制度が必要なクラブだと感じています😅

今回は、現時点での注目馬6頭をピックアップしましたが、基本的には将来の母馬優先制度活用を見据えて牝馬中心で検討していきます。募集金額やなど測尺などの必要情報に加えてカタログ・動画をはやく見たいですね。ともに募集馬検討祭りを楽しみましょう💪

パーフェクト種牡馬辞典2023-2024 一口馬主・馬券・POG攻略は万全! 血統で競馬に勝つ! [ 栗山 求 ]

価格:2,970円
(2023/3/12 09:16時点)

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

歴代重賞勝ち出資馬(23年4月9日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

重賞勝ち鞍
①優駿スプリント(2022年・大井・S2)
②アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

重賞勝ち鞍(戦績:15戦3勝)
①ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

重賞勝ち鞍(戦績:33戦10勝)
①兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
②さきたま杯(2019年・浦和・G2)