近況

【愛馬近況】シルクホースクラブの愛馬たち…「セブンシーズ」出走へ向け着々と準備!

シルクホースクラブの愛馬の近況が更新されました😊早速見ていきましょう👀

クラブ公式HPより(7/14付・7/16追記・7/19追記)

セブンシーズ(牝3歳・父ハービンジャー ・母ライツェント・鹿戸雄一厩舎)

[7/14付]
在厩場所:函館競馬場
調教内容:14日に函館Wコースで時計
次走予定:7月24日の函館・芝1,200m(牝) 〔横山武史〕

鹿戸雄一調教師「先週末にも武史(横山武史騎手)に跨ってもらい、半マイルから単走で時計を出しています。武史によると、『重たい馬場ではあったものの、走りは軽快でしたし、状態は順調に上向いている』とのことでしたから、14日にも函館Wコースにて追い切りを行いました。今週も武史に乗ってもらい感触を確かめてもらいましたが、『71-40くらいの時計だったものの、調教を重ねてやる気が出てきましたね。今日は抑えるのに苦労したくらいです』と話していました。次走がスプリント戦になりますので、前向きな気持ちを損なわないように調整していければと思いますが、かと言って体があるタイプでは無いですから、あまり気が入り過ぎるのも避けたいですし、普段の運動ではその辺りはくれぐれも注意しておきます」

調教タイム
横山武 7/14(水)函W良 71.2- 55.2- 40.2- 13.2[8]馬なり余力

[7/19追記]
横山武 7/18(日)函W良 70.1- 54.3- 39.7- 12.9[8]馬なり余力

モルレー(牝2歳・父ブラックタイド・母レディドーヴィル・長谷川浩大厩舎)

[7/14付]
在厩場所:函館競馬場
調教内容:ゲート練習

長谷川浩大調教師「入厩後は環境の変化に敏感なところを見せていましたので、慣れるまでゆっくり時間を掛けていました。今週に入ってようやく落ち着いて調教に取り組めるようになり、飼い葉食いも安定していたことから、14日から本格的にゲート練習を開始しました。牧場で大事に扱ってもらっていたこともあって扱い易く、枠入り・駐立は非常に大人しく行えました。手開けでゲートを出してみたところ、まずまず反応してくれましたので、この調子なら試験の目途が立てられそうです。輸送で体重が少し減ってしまいましたが、今週初めに測ってみたところ、鞍を着けて428kgでしたから、徐々に回復していますよ。まだ体つきを見ても幼いですし、試験に合格した後は無理せず一旦放牧に出して鍛えてもらう方向で考えています」

[7/16追記]
16日(金)にゲート試験を受けて合格しており、18日(日)に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧に出る予定です。

[7/19追記]
18日(日)に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧に出ています

※シルクホースクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

ウマサンニデアッタの雑感

セブンシーズ:やる気が出てきました!今日は抑えるのに苦労した!素晴らしい…1,200mそのまま押し切っちゃってください😁

モルレー:ゲート試験は問題なさそうですね。鍛えつつ馬体重が増えることも願っています🥺

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主でダビスタをやっているときのような楽しい日々が続きますように🏇

関連投稿