1⃣競馬・POGの話題

【競馬の話題】社台SS繋養種牡馬の2023年シーズン種付料が決定!今後の注目馬は?

皆様こんにちは!社台スタリオンステーションの繋養種牡馬の2023年シーズン種付料が発表されましたので、早速見ていきましょう😻


競馬関連のブログ開設に興味のある方必見!
独自ドメインの取得なら1円〜の【お名前.com】

繋養種牡馬種付け料TOP10

単位:万円202320222021
01.エピファネイア1,8001,8001,000
02.キズナ1,2001,2001,000
03.コントレイル1,2001,200
04.ロードカナロア1,2001,5001,500
05.キタサンブラック1,000500300
06.サートゥルナーリア800700600
07.モーリス800700800
08.ドレフォン700700300
09.レイデオロ700700600
10.ブリックスアンドモルタル600600600
2年連続でエピファネイアが独走

エピファネイアは、現2歳馬のリーディングサイヤーランキングも断トツ1位ですので、首位の座はしばらく譲りようがありません。むしろ、今回種付け料を据え置いたことに驚いています😋

6位のサートゥルナーリアやルヴァンスレーヴ(TOP10外)は、産駒デビュー前にもかかわらず種付け料がアップしている点が気になりますね👀

ちなみにタラレバですが、ドゥラメンテがいてくれたらリーディングや種付け料争いがもっとおもしろいことになっていたでしょう😌

今後、コントレイル・サートゥルナーリア・レイデオロ・ブリックスアンドモルタルなどクラシック馬輩出に期待がもてる新種牡馬や種付け料が毎年大幅な右肩上がりをみせているキタサンブラックがどれだけ台頭してくるか注目しましょう😍

一口馬主で出資検討する際も今回の種付け料TOP10種牡馬の産駒は候補に入れていくことになるでしょう。個人的な好みにはなりますが、エピファネイア・レイデオロ・サートゥルナーリア+ラストクロップのドゥラメンテには引き続き注目しており積極的に狙っていきたいと意気込んでいます✨🏇✨

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

歴代重賞勝ち出資馬(2022年9月8日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
➀優駿スプリント(2022年・大井・S2)
➁アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
➀ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

引退(戦績:33戦10勝)

勝利重賞
➀兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
⓶さきたま杯(2019年・浦和・G2)