近況

【愛馬近況】グリーンファーム愛馬会の愛馬たち…「ダイヤモンドフジ」入厩準備へ!

グリーンファーム愛馬会の愛馬の近況が更新されました😊

クラブ公式HPより(6/9付)

スペラーレ(牡4歳・父クロフネ ・母ジャドール・大井:宗像竹見厩舎)

9日、牧場担当者は「引き続き周回コースでダク800㍍と20秒ペースのキャンター2,400㍍を中心に、坂路で強めも行っています。ペースを上げてからも、馬体重を減らすこともなく507㌔まで増えてきています。もう少しふっくらさせてから、入厩に向けてビッシリ調教を行っていく予定です」とのこと。

ピンクレガシー(牝4歳・父ヴィクトワールピサ ・母バルドウィナ・藤岡健一厩舎)

グリーンウッドTで調整中。
6月9日、牧場担当者の話では「左前脚の腫れは引き始めたものの、まだ治まりきっておらず、引き続きウォーキングマシン調整で様子を見ています。念のために再度検査を受けていますが『腱に問題は無く、皮下の腫れである』という診断でした。症状が治まるまでこのまま様子を見たいと思います。現在の馬体重は472キロです」とのこと。

ルヴァンヴェール(セ4歳・父エスポワールシチー・母エイシンバンバ・竹内正洋厩舎)

9日、牧場担当者は「術後は患部の腫れなどは無く、抜糸を終えています。現在は周回コース3,000㍍をハロン17-18秒のメニューで、馬体を緩ませずに調整しています。しばらくは今のペースで進め、調教師とも相談しながらタイミングを見て強目の調教を行っていきます。現在の馬体重は496㌔」とのこと。

ジャンドゥーヤ(牝3歳・父リオンディーズ ・母ツルマルオトメ・小林真也厩舎)

函館競馬場に入場後も順調。6月13日(日)札幌・3歳未勝利(芝1,500m)に亀田騎手で出走予定。
9日、小林調教師は「日曜には角馬場で乗り運動を行い、到着後も飼い葉をよく食べていて元気にしています。これなら今週の投票も可能と判断し、本日亀田騎手に跨がってもらいウッドチップコースで追い切りを行いました。併せ馬で先行し、後ろからつついてもらって最後は同入という内容です。亀田騎手は『先行している分、道中フワッとするところはありましたが、相手につつかれるとしっかり動いてくれましたし感触は良かったです』と話してくれました。態勢は整っていますので、今週のレースから投票していきたいと思います」とのこと。

◆出走予定:6月13日(日)札幌1R・3歳未勝利(混・芝1,500)☆亀田温心騎手(53キロ)
フルゲート14頭(出走予定全24頭、本馬より優先順位の高い馬12頭〔未定1頭〕、同条件の馬・本馬を含め5頭〔未定1頭〕)*自身、前走から5週

ダイヤモンドフジ(牡2歳・父ミッキーアイル・母マウントフジ・宮本博厩舎)

6月1日よりチャンピオンヒルズで調整中。
9日、宮本調教師から「昨日、馬の状態を確認してきました。長距離輸送の後も特に問題は無く、さっそく周回コースでの調整を開始し、順調にきている様子ですが、こちらもここ数日で急に暑くなりましたので、気温に慣らしながら進めてもらっています。ここから坂路で乗り出し、調整が軌道に乗ってきたところで入厩時期を検討したいと思います」との連絡が入っている(最新の歩様動画は“こちら”)

モンキャドー(牡3歳・父ロードカナロア・母モンシュシュ・音無秀孝厩舎)

術後の経過は良好で、この中間から乗り運動を再開している。
6月9日、担当者の話では「馬場コース2000mのみですが、乗り運動を再開し様子を見ています。経過は良好ですし、騎乗時の動きも良いので、このままどんどんペースアップしていこうと思っています。現在の馬体重は474キロです」とのこと。

※グリーンファーム愛馬会よりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

ウマサンニデアッタの雑感

スペラーレ:1,600mを走らせ続けることに不満はありませんが、半兄の実績・先行力・直線失速などを踏まえ、試しに1,400mを使うことも検討していただきたいです😎

ピンクレガシー:完治するまで安静にしてください😑

ルヴァンヴェール:去勢されたら、どんな気分なんだろう…😔

ジャンドゥーヤ:洋芝でよかった!そんな結果を夢見ています😁

ダイヤモンドフジ:怪我もなく、徐々に体制が整ってきました。目指せ、最強の無料提供馬😍

モンキャドー:去勢されたら、どんな気分なんだろう…😔(Part2)

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

一口馬主で人生が豊かになりますように🏇🏇🏇

関連投稿