近況

【近況】キャロットクラブ「ジレトール」年内にオープン入りを狙う!ほか16頭!

皆様こんにちは!キャロットクラブの出資馬の近況が更新されましたので、早速見ていきましょう👀


競馬関連のブログ開設に興味のある方必見!
独自ドメインの取得なら1円〜の【お名前.com】

近況

5歳馬

トゥルーヴィル(牡)

クラブ公式HP・12/1付

NF空港
この中間はトレッドミルでのダク、もしくはウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間もダクに留めてメニューを進めるようにしています。適宜チェックを行っていき、より良い形で次のステップへ進めていければ理想です。馬体重は489キロです」(空港担当者)

4歳馬

カイカセンゲン(牝)

クラブ公式HP・11/29付

NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行っています。「ジックリと動かしてきていますが、騎乗調教、特に坂路で乗ろうとするとちょっとテンションの高揚が目立つ印象なので、今はトレッドミルと周回コースでの乗りをメインにしています。負荷をかけづらい部分がありますが、そのあたりはトレッドミルでスピードを出すことも上手く採り入れつつ体を動かし、精神面への配慮を特にしながら仕上げを進めていきたいと考えています。馬体重は498キロです」(天栄担当者)

フォーヴィスム(牡)

クラブ公式HP・11/29付

NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によってはハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「膝の状態はもちろんのこと、歩様を見ても安定しており、不安を抱えているこの馬としては、いい意味で変わりないと思える状況にあります。先日来場した北海道の獣医師からも蹄のことも含めてしっかりと管理できていると言ってもらえましたし、この状態をキープしながら乗り込みを進めていけたらと考えています。馬体重は548キロです」(天栄担当者)

3歳馬

ジレトール(牡)

クラブ公式HP・11/29付+11/30追記

[11/29付]
松永幹厩舎
29日に栗東トレセンへ帰厩しました。「この中間もハロン14秒ペースを交えながら調整を行ってきましたが、本日の検疫が確保できたとのことで、今朝トレセンへ移動させることになりました。乗り込みを重ねても疲れなどはありませんでしたし、いい状態で送り出せたと思います。馬体重は510キロです」(NFしがらき担当者)

[11/30追記]
松永幹厩舎
30日は栗東坂路で追い切りました(54秒7-40秒8-26秒5-12秒5)。「牧場でも順調に調整できていたとのことで、阪神3週目の自己条件に向けて帰厩させています。今朝は坂路で追い切りを行いました。1本目ということでまだサッとやる程度でしたが、相変わらず動きは良かったですし、徐々にピッチを上げていければと思います」(松永幹師)12月18日の阪神競馬(御影S・ダ1400m)を目標にしています。

プライルード(牡)

クラブ公式HP・11/29付

NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「左前の捌きに硬さが見られるなど、疲れが完全に癒えたとはまだ言えないものの、トータルで見るとまずまずかなと思えます。疲れが溜まりやすい背中の状態も、頑張って走った後と考えるとまずまずかなと思えますね。今はまだリフレッシュ期間に充てていますし、もうしばらくはゆったりと過ごす予定です。馬体重は522キロです」(天栄担当者)

2歳馬

クエイヴァー(牝)

クラブ公式HP・11/29付

NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「歩様自体は大きく乱れることはないものの、負担がかかっているときに見せる指動脈の強い拍動は依然として残る状況にあります。そのため、今も蹄へのプレッシャーはかけないように鉄を履かせず裸足にしています。しばらくは時間をかける必要がありそうで、焦らず対応していきます。馬体重は452キロです」(天栄担当者)

クールブロン(牡)

クラブ公式HP・12/1付

武幸厩舎
11月30日、1日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。4着は残念でしたが、最後までしぶとく脚を使って集中して走れていましたし、悪い内容ではなかったと思います。馬体も絞れてきましたが、まだ余裕がある印象ですし、使いつつ良くなってくれればと思います。今のところ馬体には異常はありませんが、軽く動かしながら状態を確認し、続戦するかどうか決めていきます」(武幸師)

シテ(牡)

クラブ公式HP・11/29付

NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は週3回15-14を取り入れて調教を行っています。先週よりもさらに負荷を高めてきていますが、ここまでは順調に乗り込みが続けられていますね。おそらくそう遠くないうちの移動になると思いますので、このまま態勢を整えていきたいですね。馬体重は483キロです」(NFしがらき担当者)

スティールウィル(牡)

クラブ公式HP・12/1付

NF早来
トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を行っています。「これまでの乗り込み量を考えるとまだ本数は必要ですが、ここ最近はそれを補えるよう、意識的に強めの負荷をかけています。馬もそれに応えようとしてくれていますし、何より、状態を保ちながら進められているので、この調子で移動につなげていきたいです」(早来担当者)

ディバイングレース(牝)

クラブ公式HP・11/30付

蛯名正厩舎
30日はゲート練習中心のメニューを行いました。「相変わらず敏感なところが垣間見られますね。北海道では440キロあった体が輸送で減って、そこからなかなか増えない状況です。カイバは食べないわけではないもののガツガツと口にするタイプではないので、なかなか身にもなりにくいのでしょう。そういう状況なので、あまり機嫌を損ねないように気を付けて丁寧に、慎重に接するようにしています。ゲート練習も採り入れ出していますが、昨日今日は消音で慣らす程度にしています。明日あたりから音ありのゲートに行こうかと思っていますが、良くも悪くも敏感で反応が良すぎるようなところを持ち合わせていることから、やりすぎるとスイッチが入りすぎてしまう可能性が考えられますので、そのあたりにも注意を払って対応していきます」(蛯名正師)

パルクリチュード(牝)

クラブ公式HP・11/29付

NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらへ到着しています。腫れが出たという球節の状態をチェックしていますが、今のところは歩様なども問題なさそうですし、おそらくこのまま回復してきてくれると思います。馬体はもう少しふっくらさせたいので、この後もリフレッシュ重視で進めていきたいと思います。馬体重は422キロです」(NFしがらき担当者)

ファンネルマーク(牡)

クラブ公式HP・11/29付

NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「調教のほうは少しずつ進められており、今のところ状況は悪くありません。去勢に関しては、前後で変化があり、馬体重は518キロですが、見た目はわりとスッキリと見せます。あとは、去勢後少し敏感な様子も見せるようになっているので、そのあたりに気を付けながら以後の調整にあたっていきます」(天栄担当者)

ブレガーロード(牡)

クラブ公式HP・12/1付

NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「先日の検査結果は悪いものではありませんでしたので、一先ずホッとしています。しばらく同様のメニューが続きますが、焦らず回復に努めていければと考えています。馬体重は483キロです」(空港担当者)

レディエンフェイス(牝)

クラブ公式HP・11/29付

NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行っています。「強弱をつけながら調教しようとしているのですが、先日強めのところを行った後に内視鏡を入れて中の状態を覗いたところ、出血の跡がわずかながら認められました。その結果を踏まえて獣医師と相談し、調教を少し抑えめにしています。大幅に楽をさせるわけではないので、状況を見ながらまたじわじわと進めていこうと考えています。馬体重は570キロです」(天栄担当者)

1歳馬

外)キャントバイミーラヴの21(牝)

クラブ公式HP・11/30付

NF空港
馬体重:467kg
現在は週2日、900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。騎乗者が得ている感触は良く、乗り味の良い馬と評価を受けています。ただ、一旦テンションが上がると落ち着くまでに時間を要するところが問題と捉えており、当面は心身の状態をしっかり把握した上で焦らず良化を促していこうと思います。

ヒルダズパッションの21(牝)

クラブ公式HP・11/30付

NF空港
馬体重:497kg
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本登坂しています。募集時より背が伸びてきたことで、見た目の印象が少しずつ変わってきました。乗っていて背中の良さを感じさせるだけに、今後も成長度合いをしっかり把握したうえで適切な負荷をかけ、理想的な成長を促していきます。

リッチダンサーの21(牝)

クラブ公式HP・11/30付

NF早来
馬体重:461kg
現在は週3日、坂路でハロン16~18秒のキャンター調整を行い、それ以外の日はトレッドミルでのキャンターやウォーキングマシン調整を取り入れています。日によっては坂路調教に周回コースでのキャンター1200mを追加するなど、しっかり運動量を確保することができています。馬体は見た目にもまだ子供っぽさを感じるものの、ひとたび走り出すといいフットワークを披露しており、今後の成長とともに走りがどこまで良くなってくるか楽しみです。

まとめ

「ジレトール」年内にオープン入りを狙う

おおむね予想していた通り御影ステークスを目指すことになりました。前走は、ハイペースについていって大敗しましたので、2回連続で同じことのないよう気をつけていただきましょう。その点からも鞍上は、川田騎手続戦を希望したいところですがどうなるでしょう✨🏇✨

その他のトピックスは、「キャントバイミーラヴの21」「リッチダンサーの21」が坂路入りでペースをだし始めました。このまま順調に進めていただき早期デビューを目指しましょう😉

※キャロットクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように✨🏇✨

【一口馬主の話題】とことん楽しめる「おすすめクラブ3選+α!」皆様こんにちは!突然ですが、競馬って勝ち負けだけでは語れないロマンがあったり馬券でお金が増えたり減ったり本当におもしろいですよね😃 ...
歴代重賞勝ち出資馬(2022年9月8日更新)

2019年産

プライルード(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①優駿スプリント(2022年・大井・S2)
②アフター5スター賞(2022年・大井・S3)

2018年産

カイカセンゲン(キャロットクラブ)

現役

勝利重賞
①ロジータ記念(2021年・川崎・S1)

2013年産

ウインムート(ウインレーシングクラブ)

引退(戦績:33戦10勝)

勝利重賞
①兵庫ゴールドトロフィー(2018年・園田・G3)
②さきたま杯(2019年・浦和・G2)