近況

【近況】キャロットクラブ「カルセドニー」待望のデビューへ!ほか7頭

皆様こんにちは!キャロットクラブの出資馬の近況が更新されましたので、早速見ていきましょう👀

5歳馬

トゥルーヴィル(牡)

クラブ公式HP・4/27付

小林厩舎
27日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。スタートで上に跳ぶような感じで出てしまい、思ったよりはポジションが後ろになりましたが、道中はほぼ折り合って進められて決して悪い内容ではありませんでした。心配していた脚元もレース後落ち着いていますし、これなら続けて使っていけそうです。モタれについてはハミを替える、あるいは片側だけチークピースを着用するなどの対応を考えています。レースについては相手関係など見て検討しますが、間隔を詰めて使っていくことも視野に入れています」(小林師)

続戦しましょう!

1,800mでも十分走れることはわかりましたので、5月22日(日)調布特別(東京・芝1,800m)はいかがでしょうか。

フォアシュピール(牡)

クラブ公式HP・4/26付

NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。「先週末に帰ってきました。障害試験のあとということもありますし、脚元、そして背腰に負担がかかりやすい馬なので、乗らずに時間をかけて様子を見るようにしています。小笠調教師からは背腰がちょっときつくなってきているという報告を受けていますし、まずはその疲れを取っていければと思っています。馬体重は474キロです」(天栄担当者)

しばし小休止!

とにかく回復の兆しが見えるまでごゆっくり。

4歳馬

カイカセンゲン(牝)

クラブ公式HP・4/26付

NF天栄
トレッドミル調整かミニトラックで軽めの調整を行っています。「先週までは疲れを癒すとともにレース時に診断されたハ行が出ないか慎重に確認していましたが、大丈夫そうに思えましたので、今週より乗り出すことにしました。まだミニトラックを使った軽めの調整ですが、動かしながら様子を見て、変わらないようならばコース入りしたりと少しずつ進めていければと考えています。馬体重は490キロです」(天栄担当者)

慎重に進めましょう!

グランダムジャパンが目標となると遠征の影響によるテンションのコントロールも課題も伴ってきますので、心身の成長が待たれますね。募集時から牧場で見てきた馬なので、活躍というよりも常に順調な競走生活を送ってくれることを願うばかりです。

フォーヴィスム(牡)

クラブ公式HP・4/27付+4/28追記

[4/27付]
奥村武厩舎
27日は軽めの調整を行いました。「思うような結果にならず申し訳ありませんでした。レース後のダメージが如何ほどか気になる馬なので慎重に確認しています。検査もしたところ、以前からある骨膜の状態はいい意味で変わりありませんでした。走ったことで悪化している可能性も考えられただけに良かったです。腕節だけでなく、球節部の状態も確認しましたが、こちらも大丈夫そうなので、ほかでも気になることが出てこなければひとまず無事と言えそうです。このあとですが、やはりこのまま近いところに目標を設定しづらい状況かと思うため、いったん放牧に出し、出馬状況を見ながら次走を模索していきます」(奥村武師)

[4/28追記]
NF天栄
28日にNF天栄へ放牧に出ました。

想定通りの流れ!

まずは、馬体に大きな異常が見られずひと安心です。権利も逃しましたので、一度立て直しましょう。東京開催期間中に戻ってくることを信じています。

3歳馬

カルセドニー(牝)

クラブ公式HP・4/27付

久保田厩舎
27日は美浦南Pコースで追い切りました(66秒8-51秒6-38秒1-11秒3)。「1週前の追い切りでは動けなかったですが、今の坂路はそもそもが重く、そこに加えて雨でさらにタフになっていましたから、場所を変えればまた違うのではないかと考え、週末はウッド、今朝はポリトラックに入れてみました。まず週末のウッドのほうは、15-15で入って最後だけ少し伸ばして12秒くらい。もうちょっと伸ばしても良かったのですが、そこは週末ということもありそこまでにとどめて、今朝の感触を確かめることにしました。実際のところ、やはり先週よりは全然良く、楽に走れていました。非力さが目立つ現状からすると致し方ないかなと思いますが、走れないわけではないということは確認できました。本来なら時間をかけてある程度つくってからレースへ向かいたいところではありますが、線の細い牝馬であることや使いつつ力をつけていきそうな様子であることを考えると、サッとレースへ向かわせたほうが良さそうかなと感じています。牧場にも話をしたところ同じような感触だったので、来週の出走を考えることにしました。1800mを第一に考え、鞍上をあたったところ武史が乗れるということだったので、今のところこのコンビでそこへ向かうつもりです」(久保田師)5月8日の東京競馬(3歳未勝利・芝1800m)に横山武騎手で出走を予定しています。

待望のデビューへ!

ようやくここまでくることができましたが、本馬の目的はデビューではありません。ここを通過点として先々の活躍を期待したいところです。

プライルード(牡)

クラブ公式HP・4/27付

ミッドウェイF
23日は坂路コースで追い切りました(38秒6-25秒4-12秒6)。「徐々にピッチを上げ始めていますが、思惑通りの形で進めることができています。心身ともに前回以上の状態で送り出せるようにメニューを進めていく考えです」(ミッドウェイF担当者)5月12日の大井競馬(羽田盃・ダ1800m)に本田騎手で出走を予定しています。

あと2週間!

直接的には関係ありませんが、先週半姉アナザーリリックが重賞勝ち(福島牝馬S)をしてくれましたので、こちらにも勢いが回ってきてくれるといいですね。

2歳馬

クエイヴァー(牝)

クラブ公式HP・4/27付

NF天栄
27日にNF天栄へ向けて移動しました。「坂路でハロン14~15秒程度まで乗り進めても反動は見られず、この中間も順調に調教を重ねられていました。その状況を踏まえて厩舎サイドと相談して、ひとまずこのタイミングでNF天栄へ移動させることになりました。天栄到着後の状態と検疫の状況次第で、今週、来週の入厩予定と聞いています」(早来担当者)

待望の本州移動!

ここまで順調でしたので、概ね想定内です。まずは、問題なく移動してくれることを願っています。

ファンネルマーク(牡)

クラブ公式HP・4/26付

NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を行っています。「ゲート試験合格後に馬場見せをしたうえでこちらへ放牧に出てきました。概ね問題ないようで、入場後もそこまで気になることはないと思えましたので早速乗り出しました。最初の数日はミニトラックや周回コースなどを見せ、今日初めて坂路へ連れていきました。最初なので16-15くらいですが、問題なくこなしています。強いて言うと、ちょっと気難しさも兼ね備えているかな…という印象です。そのあたりの様子をよく見ながら徐々に進めていきます。馬体重は518キロです」(天栄担当者)

気難しさ?

兼ね備えているといいように聞こえますが、気難しさがレースに影響しないといいですね。強いて言うとですので、いまのところ心配はしておりません。

※キャロットクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主で“競走馬育成シミュレーションゲーム”をやっているときのような楽しい日々が続きますように🏇

関連投稿