近況

【愛馬近況】キャロットクラブの仲間たち…「ダグザ」ダメージなし!

キャロットクラブの愛馬の近況が更新されました😊

クラブ公式HPより(6/22付)

トゥルーヴィル(牡4歳・父ディープインパクト・母レディドーヴィル・斉藤崇史厩舎)

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き坂路では15-14程度の調教をコンスタントに取り入れてしっかり乗り込んでいます。体調を含め順調に推移していますので、このぐらいの調教をベースにして帰厩に向け適宜速い調教を織り交ぜるなど考えて行ければと思っています」(NFしがらき担当者)

カイカセンゲン(牝3歳・父ネオユニヴァース・母カイカヨソウ・大井:藤田輝信厩舎)

19日は坂路コースで追い切りました(44秒2-28秒9-14秒4)。「週末から無理のない形で動かし始めていますが、口向きやテンションは良い状態で推移しています。以前より落ち着いて走れている分、しっかり体を使うことができている印象です。この調子で心身の状態を見ながら負荷をかけていければと思います」(ミッドウェイF担当者)7月14日の大井競馬(アルタイル賞・ダ1800m)への出走を目標にしています。

ペルスネージュ(牝3歳・父ディープインパクト・母スノースタイル・木村哲也厩舎)

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては周回コースもしくは坂路でハロン14-15秒のキャンター調整を取り入れています。「日によっては坂路で動かすこともありますが、最近は周回コースを軸にして動かしています。というのも、坂路だと走りがややバラバラになりがちで、コースだとそのあたりがいくらか良かったからです。今後も状況を見ながらじっくりと動かしていき、何とか出走態勢を整えていければと考えています」(天栄担当者)

クレイドル(牝2歳・父クロフネ・母オーマイベイビー・黒岩陽一厩舎)

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「右前脚全体的に疲れが見られていて、特に膝と蹄が少し気になるなと思いより慎重に確認しています。北海道の獣医師にも診てもらいましたが、ひとまずレントゲン上、膝は問題なさそうなものの、蹄には熱感があるのでしっかりとケアをするようにと指示を受けていますので、焦らずじっくりと対応していければと考えています」(天栄担当者)

ジレトール(牡2歳・父ロードカナロア・母サンビスタ・松永幹夫厩舎)

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も先週とほぼ同じペースで乗り込みを行っています。ハロン14秒ペースでもしっかり動けており、引き続き順調と言っていいですね。新潟開催でのデビューを目標に今週中に移動させようという話をしていますので、そのつもりでしっかり調整していきます」(NFしがらき担当者)

[6/24付・追記]23日に栗東トレセンへ帰厩しました。24日は軽めの調整を行いました。「NFしがらきでの調整も順調に進んでいたようでしたので、デビューに向けて水曜日に帰厩させています。今日から軽く動かしており、新潟開催を目標に少しずつピッチを上げていきます」(松永幹師)

ダグザ(牡2歳・父Shalaa・母タリサ・安田隆行厩舎)

軽めの調整を行っています。「先週こちらへ到着しており、ここまでウォーキングマシン中心の調整で馬体チェックを行っています。今のところ脚元など馬体へのダメージは見られませんし、まずはリフレッシュ重視でゆっくり立ち上げていきます」(NFしがらき担当者)

※キャロットクラブよりコメント・写真・一覧などの転載・引用許可済

ウマサンニデアッタの雑感

トゥルーヴィル:帰厩に向けて問題なく進んでいます!どうかこのまま順調に😁

カイカセンゲン:7月14日復帰!!ここでの結果次第では、秋の重賞戦線への参戦が見込めるので是非とも勝っちゃってください😁現地観戦できる日を夢見ています🥺

ペルスネージュ:この時期でこのコメントはとても不安ですが、天栄のスタッフさんの調整と良血に期待します🙄

クレイドル:ここで焦る必要は何もありませんので、ゆっくり天栄で休養して秋~年末に元気な姿を見せてくれば充分です🥰

ジレトール:デビュー予定…新潟きたぁ~!芝でしょうか?ダートでしょうか?先々の番組編成を考慮して、まずは、芝からのデビューでお願いしたいところです😂

ダグザ:馬体へのダメージがなく安心しました。この感じですと、長期滞在はせずに帰厩できるでしょう😎

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♀️

競馬・POG・一口馬主でダビスタをやっているときのような楽しい日々が続きますように🏇🏇🏇

関連投稿